株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

福岡の最西端、今ではおしゃれスポットとなった糸島にある大好きなスコーン屋さんをご紹介します。キャッチコピーは、「スコーンのイメージ変えてみませんか?」のキナフクさんです。
 
プレーンスコーン、マーブルチョコスコーン、クランベリーチーズスコーン、塩バニラスコーン、アールグレースコーン、糸島産全粒粉&いちじくスコーン、期間限定 バナナ&くるみスコーン、秋冬限定 栗&ほうじ茶スコーン、秋冬限定 アップルシナモンスコーン、どれも美味しそうで毎回迷います。そのどれもが、全くパサつかず、とってもしっとりしているのです。
 
しっとりの秘密、それは、通常は水や牛乳、卵などを使用するところ、こちらの生クリームスコーンは、「水分は生クリームだけ」を贅沢に練り込んでいるから。とろけるような香り、びっくりする程のしっとり感、ひと口で幸せに包まれます。生乳100%の生クリームなので、コクも格別!
 
素材は、食材の宝庫、糸島で育まれたものを厳選。小麦粉「チクゴイズミ」は、優しい小麦の香りと程よい食感を、炊塩の「またいちの塩」は、海のミネラルがぎっしり。卵を使用していないので、卵アレルギーのお子さんにも嬉しいですね。
 
キナフクの名前の由来は、福岡の方言の黄色「キナ」+幸福の「フク」で「キナフク」。「来な」→おいで、と読んで「おいで福岡。おいで幸福」との語呂合わせだそうです。
 
福岡まで買いに行けない遠方の方には、地方発送も。トースターの温め時間のしおりが付いてくるので、その時間に従えば、自宅でも焼き立てふわっふわのスコーンが楽しめます。
 
ぜひ、スコーンのイメージを変えてみて下さい!



スコーン専門店 キナフク
住所:福岡県糸島市加布里1119 踵屋敷横 ロメオスリッパーズ内
電話:092-334-5193
営業時間:11:30-16:00 (又は売切れまで)
営業日:毎週土/日/月曜日
http://kinafuku.com/

(text&photo by 谷村 香織)


その店名の響きが、とても可愛く気に入っていたので
一度行きたいと思っていたケーキ屋さん。越谷市赤山街道沿いにある「ケーキと焼菓子の店 haberu」に伺いました。
 
グレーの壁に木の扉。オシャレな外観。壁には可愛らしいイラストとミモザのリース・スワッグが飾られまるで童話の世界。優しく温かな雰囲気の店内です。想像以上に素敵で思わずニッコリしてしまいます。
 
オーナーでパティシエの妹そして接客とインスタ担当の姉。店名「haberu」の由来は オーナーの可愛がっている甥っ子がオーナーの作るお菓子やケーキが大好きで食べることを〈はべる!〉と言うことから店名を決めたというチラシに書かれていました。親しみやすい姉妹にピッタリです。
 
ショーケースには色鮮やかなケーキ、カウンターに並ぶ良い香りの焼き菓子から今回はケーキを購入しました。
  
お月さまチーズタルト(ネーミングに惹かれました)
上品な甘さでタルト生地ははサクサク、チーズの邪魔をしていません。チーズのコクが味わい深く満足度は十分です。紅茶に合います。
 
ガトーショコラ
濃厚でありながらしつこさのないバランスの良い甘味と
カカオの風味。後味がさっぱりしているので食べやすく甘すぎるチョコレートが苦手な方にもおすすめです。
 
できるだけシンプルな材料で、素朴だけどおいしいお菓子を作りたいという女性パティシエならではの優しい味と繊細で丁寧さに人柄が感じられます。
 
記念日にはお祝いのケーキをお願いしよう!と思えるお気に入りのお店が増えました。


ケーキと焼菓子の店 haberu
住所:埼玉県越谷市赤山町1-198-1
電話:048-961-8613
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日・水曜日
https://haberu-cake.amebaownd.com/

( text&photo by加藤 昌子)



 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.