株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

埼玉県川越市。蔵造りの街並みから路地に入り、観光地の賑やかさとは対照的に閑静な通りに佇む「HATSUNEYA GARDEN  CAFE」。明治元年に「料亭 初音屋」として創業し、当時は老舗料亭として皇族や政財界の方々の集いの席に選ばれていたそうです。明治期の日本家屋の趣を感じる建築の美しさと、現代的な機能美が融合したこちらの建物は、川越市の重要建築物にも指定されています。
 
修復を重ね、現在では、レストラン、ウェディングそしてカフェと様々な目的で利用できる施設となっています。
 
カフェスペースは日本家屋の縁側を思わせるような落ち着いた空間に、ゆっくりとくつろげる大きなソファー。路地に面したテラス席は開放感がありながらも、静かで落ち着いた場所となっています。どちらも長居してしまう居心地の良さがあります。
 
こちらで提供されているスイーツは併設されたレストランの専属パティシエが手がけており、どれも本格的!今回は、黒糖わらび餅パフェ、ルバーブのムースグラッセ、河越ほうじ茶ラテ、ジンジャーラテをいただきました。
 
黒糖わらび餅パフェ
黒糖が練りこまれたもちもち食感のわらび餅は、香ばしいほうじ茶シロップと相性が抜群!
 
ルバーブのムースグラッセ
日本ではあまり見かけませんが、ショクヨウダイオウ(和名)とも呼ばれるルバーブがたっぷり入ったムースグラッセ(フランス風アイスムース)に、隠し味のレモンとライムのジャムが程よく香り、さっぱりとした甘さがクセになります。こちらのグラッセは升に入って提供されているため溶けにくく、暑い日でもゆっくり食べる事が出来ます。
 
河越ほうじ茶ラテ・ジンジャーラテ
テーブルに運ばれてきた瞬間からほうじ茶とジンジャーの心地よい香りが広がります。どちらも、可愛いラテアートが描かれています。一般的なカフェよりも大きなカップに並々に注がれており、その量に驚く方もちらほら。
 
居心地の良い空間だけでなくドリンクの量も相まって、予定よりも長居してしまいました。観光地の期待を裏切らない、オススメのカフェです!



HATSUNEYA GARDEN CAFE
住所:埼玉県川越市元町1-9-8
電話:049-222-2300
営業時間:11:00〜18:00
定休日:火曜日
https://www.hatsuneya.jp/cafe

(text&photo by 吉田 未紗紀)


溜池山王駅をでてすぐに、フランスで最も注目されているショコラティエの一人、PASCAL LE GAC(パスカル・ル・ガック)のショップがオープンしました。フランスの本店の次にできたこの店のチョコレートは、なんとパリ郊外にあるアトリエで全て手作りしているそうです。

私は、7月に、期間限定のパルフェフルーリー、花ひらくパフェを求めていってまいりました。店内は、同じくパフェを求めてやってきたお客様ばかり。オープンは10:00からですが、数量限定のため、皆様早くからいらしてるようです。

注文したParfit Fleuri Chocolat、花が咲き誇るような美しいパフェ、一番下は、チョコレートのゼリーです。その上に、チョコレートのアイスクリーム、生チョコレートのようなアイスクリーム、塩チョコレートクッキー、チョコレークッキー、チョコレートのクリーム、などなど、チョコレート満載!一番上から、割りながら、混ぜながら食べていくと、しっとり甘い、さっぱり甘い、ほろ苦い、塩味、パリパリ、サクサク、様々な甘みと食感で最後まで美味しく楽しめます。

限定のパフェは9月末頃までですが、チョコレートや、ケーキ、焼菓子など、本物の味をぜひ味わいに行ってみてはいかがでしょうか。




パスカル・ル・ガック 東京
住所:東京都港区赤坂2-12-13
電話:03-6230-9413
営業時間:10:00 - 21:00
定休日:不定休
http://www.legac-chocolatier.jp

( text&photo by牧野 智子)



 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.