株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

美味しいコーヒーを飲むなら美味しいスイーツも一緒に食べたい!そんな甘党にうれしいロースタリーカフェがあるとの噂に、今回は、厳選されたカカオ豆からすべて手づくりでチョコを仕上げる中目黒の「green bean to bar CHOCOLATE」がプロデュースして今年1月渋谷に オープンした「WHITE GLASS COFFEE」を訪れました。

大きな窓でテラスの緑をひと続きの空間のように感じさせる開放的な店内。奥には大きなロースターがどどんと2台鎮座し、生豆の焙煎からコーヒーの抽出まで店内で完結しています。そのこだわりコーヒーに合わせて選ぶスイーツには、やはり「green bean to bar CHOCOLATE」のチョコを使ってるものは外せません。ケースにずらり居並ぶ中からチョイスしたベリーのブラウニーは濃厚かつ甘さ控えめで、カカオの味をじっくり楽しめました。もちろんチーズケーキもなにげにハイレベル。タルト地にひそむカリカリ食感の正体、なんだったんだろう?気になるなあ。

今、緑いっぱいのテラスも気持ちいい季節。軽食メニューもとても美味しそうですし、ショッピングの合間にぜひ立ち寄って、雑味のないすっきりしたコーヒーと合わせて楽しんでみては。渋谷駅から5分とかからない立地で喧騒を忘れて落ち着けるこの空間、貴重です。



WHITE GLASS COFFEE
住所:東京都渋谷区桜丘町23-18 ビジョナリーアーツ1F
電話:03-6416-4550
営業時間:8:00〜21:00(月〜金)、11:00〜20:00(土、日、祝)
定休日:無休
https://whiteglasscoffee.com

(text&photo by 菊池 和美)


まだ5月だというのに真夏の陽気がつづき暑さに参ってしまいます。少しでも自然の涼しさを感じようと海へ。京急三浦海岸駅から三崎口方面へ徒歩で約20分、海沿いの街道を歩いていると少し懐かしい佇まいをしたカフェ南風COFFEEがあります。
 
内装は白を基調としていて家具や小物も可愛く、とてもお洒落な空間が広がっています。席に着くと目の前に広がる青い海、天気がいい時はお店の外にテラス席も用意されるのでそちらで海風を感じるのもこれからの時期最高なのではないでしょうか?

こちらのお店の自慢は店名にも入っている店主さんがハンドドリップで淹れてくれるコーヒーです。そんな自慢のコーヒーのお供にと今回は最近流行りのダッチベイビーパンケーキのマスカルポーネ&はちみつを頂きました。注文が入ってから丁寧に焼き上げるので約20分程かかりますが、美味しいコーヒーを飲みながら景色を見ているとあっという間に時間が流れてしまいます。サクフワッとした生地に程よい甘みのはちみつとマスカルポーネのコクがマッチして一口、また一口と手が止まりません。口の中に広がった甘みを中和するようにコーヒーを飲むと、ホッと声が漏れてしまいそうになる程落ち着いた気分になりました。

お店の前が海岸になっており無料の駐車場があるため時間を気にせずゆっくり過ごすことが出来ます。これからの時期海水浴などで三崎を訪れた際、立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?




南風COFFEE
住所:神奈川県三浦市南下浦町菊名25
電話:090-4168-6983
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日
https://minamikazecoffee.localinfo.jp

( text&photo by大倉 早稀)



 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.