株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

パンケーキに始まりマラサダやアサイボール等々、日本にどんどん進出しているハワイアンスイーツ。現地ハワイでもスイーツ店やインスタ映えするカフェが増え、今やハワイはスイーツ天国です。アメリカのスイーツといえば「甘い、重たい、カラフル」というイメージが強いですが、近年健康志向に敏感になってきたハワイではヘルシー志向のスイーツが注目を集めています。そんな中、アメリカらしからぬ繊細で美味しいケーキを提供しているというお店があるというクチコミを聞きつけ、早速訪ねてみました。

CAKE Mは比較的新しいビル『808Center』の3Fにあります。観光地として超有名なアラモアナショッピングセンターから徒歩10分という好立地なロケーションです。全面ガラス張りの店内はとても明るく、白と水色を基調とした内装、キュートな小物や雑貨のディスプレイはまるでハワイのビーチにいるかのようでとても落ち着きます。ほとんどのお客様はテイクアウトですが、店内にはテーブル席もありイートインも可能です。  

この日は大勢で伺ったので、ゆったりと寛げる大きなダイニングテーブルを事前に予約しました。ショーケースに並んだ10種類ほどのケーキの中から迷いに迷って私はフルーツロールをチョイス。キメの細かい滑らかなスポンジと甘すぎず軽いクリームが口の中でシュッと溶け、クチコミ通り!めちゃくちゃ美味しい!タルトやシュークリーム等のケーキを選んだ現地在住の友人たちも 美味しいと大絶賛。お気に入りのケーキ屋さんリストにお店が一つ増えたようです。私たちが店内でケーキを堪能している間も、お客様がどんどんやって来てはテイクアウト用ケーキを購入していきます。日によってはsold outしてしまい全部のケーキはお目にかかれない事もあるそうなので、購入を検討される方は早めの訪問をオススメします。
 
オーナー兼ケーキデザイナーのMegumiさんは日本の某有名ケーキ店で働いていた経歴もあり、ホールケーキやウェディングケーキもたくさん手がけられています。店内に飾ってあったケーキディスプレイもFBに紹介されているケーキも本当に素敵で、お客様の事を考えながら丁寧に丁寧に作ってらっしゃるMegumiさんの想いが感じられます。このカスタムケーキを求めて連日多くの方がいらっしゃるのも頷けます。
 
来年のGWは10連休が検討されているようです。このお休みを利用してハワイを訪れる方!!ショッピングの後のお茶に、はたまたハワイ挙式の際のウェディングケーキに、CAKE Mをご利用してみてはいかがでしょう?この日私は久々に再会した友人たちと美味しいケーキを食べながら楽しくゆったりと流れる時間を満喫し、とても幸せな気分になれました。

Mahalo!



CAKE M
住所:96814 Honolulu 808 Sheridan St suite 308
電話:+1 808-722-5302
営業時間:10:00〜18:00
定休日:日曜日・月曜日
https://www.facebook.com/cakeM-474144309354694/

(text&photo by田中 美幸)




秋の紅葉も始まり、冬支度の始まる軽井沢。といっても、この日は一転、まるで初夏のような気候に逆戻り。晴天の中、眩しいほどの太陽の光を浴びた木々は美しく輝き、風は秋の匂いを運ぶ・・・そんな心地良い最高の休日、前々より憧れていたクラシックホテル「万平ホテル」を訪れました。お目当ては、かのジョン・レノンが愛したアップルパイ。ぜひそのアップルパイを食べてみたいと足を運んだのでした。
 
ティータイムの時間に合わせて訪れたので、ロビーはカフェテラス待ちの人たちで溢れています。ですがさすがは軽井沢きっての老舗ホテル。長蛇の列をつくる訳でもなく、歴史あるソファや椅子で談笑をする人々、建築そのものや絵画を楽しみホテル内を散策する人々。私たちも、小さいながらも中身の充実した資料室で江戸時代から始まるホテルの歴史に感銘を受けながら、歴史に思いを馳せていると、あっという間に順番が来ました。
 
カフェに入ってすぐの壁にはジョン・レノンのお写真も。今回案内されたのは室内のソファ席。日が傾き始めたのでテラスでは肌寒さもあり、室内でちょうどいい気分。メニューを渡されましたが、注文は既に決まっています。
 
ようやく運ばれてきた「アップルパイ」とご対面。ムラのない焼き色の生地はなんて綺麗で艶やか。隣に添えられたバニラアイス(こちらもバニラビーンズがしっかり効いた濃厚バニラ)とのコントラストも食欲をそそります。顔を近づけるとほんのりシナモンの香り。アイスが溶けないうちに、まず一口、パイだけそのままでいただきます。口に広がるシナモンは、ほんのりどころかしっかり効いています。そして、りんごの酸味と甘味のバランスが絶妙、上品なお味。まさにホテルと同様“クラシカルなアップルパイ”。そこにバニラアイスを乗せていただくと、もちろん鉄板の美味しさ。甘味が勝りますが、控えめなりんごの甘さにマッチし、また冷たいアイスが口の中をスキっとさせます。最後までサクッとしたパイ生地を食べ終え、秋の味覚を大満足。
 
趣向を凝らした次世代スイーツが出回る中、試行錯誤の末に確立され、皆に愛されるレシピを引き継いでいくことの素晴らしさと、伝統を五感で感じた一日なのでした。
 
ちなみに、レトロデザインの食器はすずらんがモチーフのホテルオリジナル。ロイヤルミルクティーは、生クリームで飾られ運ばれてきます(写真は溶けていますが)。東京からなら新幹線で1時間の軽井沢。歴史の詰まったアップルパイをぜひご堪能あれ。




万平ホテル カフェテラス
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
電話:0267-42-1234
営業時間: 9:30〜18:00
定休日:年中無休(ホテルに準じる)
http://www.mampei.co.jp/index/restaurant/cafeterrace/

( text&photo by山口 朋子)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.