株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

「地図が読めない女」ではないつもりでしたが、今回ちょっと迷いました。白金台駅から目的地への道を辿るも、なぜか行き当たらぬまま国道1号線にぶち当たり・・・。地図を引っ張り出し、来た道を200m戻ったらやっと発見、夕暮れにすっかり見過ごしたようです。きっと同じような方が結構いるぞ!と確信するほどに本当にこじんまりと、「A Cote Patisserie」は住宅街の一角にありました。

オーボンヴュータン→渡仏→オーボン→国内のパティスリー→独立、という経歴をお持ちのシェフが1人で作り、販売されている小さなお店は、ドアを入ると1畳ほどのスペース(「店内狭いので1組ずつお入りください」と注意書きアリ)で壁とカウンターに焼菓子が並んでいます。カウンターの向こうはすぐシェフの作業場。店内撮影禁止のためご紹介できませんが、視聴嗅覚で臨場感を味わえそうなお店です。

今回は閉店間際の訪問で、残念ながらお目当てのミルリトンやタルトは売り切れでしたが、ベーシックなマドレーヌとクッキー(シトロン)を購入しました。マドレーヌはバターの加減が絶妙なのか、程良くしっとりながらふわっと軽い、3つ4ついっぺんにパクパクいけそうな食味。うん、美味しい。クッキーは、ほのかな柑橘の風味とチョコの苦味をごりごりと味わう固めの焼き加減、ちょっとやみつきでした。

寡黙で「ザ・職人さん」な印象のシェフに実はちょっと緊張しつつのお買い物でしたが、シンプルに美味しいお菓子をいただいていると「ぶっきらぼうの奥にお菓子への熱愛を隠しているシャイな方??」なんて想像がふくらみ、また行って、今度は勇気を出してお話伺ってみようと思う今日このごろです。



A Cote Patisserie
住所:東京都港区白金台2-5-11
電話:03-3447-1354
営業時間:
月〜土 9:00〜13:00 ・ 15:00〜19:00
(13:00〜15:00仕込のため休憩)
定休日:日曜日・不定休
https://twitter.com/acotepatisserie

(text&photo by菊池 和美)




この時期になるとよく「◯◯の秋」のいうフレーズを耳にするようになりますが、皆様はどのような秋を過ごされていますか?毎年のように「食欲の秋」を楽しむ私はいつもと違う味覚を求めてとあるカフェに伺いました。

そこは、横浜山手にある「UNDERBLUFFCOFFEE(アンダーブラフコーヒー)」さん、横浜・元町の大人気ベーカリー店「BluffBakery(ブラフベーカリー)」が昨年の9月にオープンしたカフェです。JR京浜東北・根岸線の山手駅から徒歩で約10分・バスで行かれる際は上野町停留所から徒歩2〜3分程にある、グレーの外壁に大きな窓が特徴的な建物です。内装は白を基調とした明るく柔らかい雰囲気の空間になっています。

こちらのお店は厨房と客席を隔てる壁がないため、店内に一歩足を踏み入れるとコーヒーやお菓子を焼く甘い香りが出迎えてくれます。早速レジで注文をして席へ。今回はキャロットケーキとカフェラテを注文しました。しっかりとした生地の上に厚めに乗せられたチーズクリーム、あまりのボリュームに食べきれるかと少し心配になりましたが一口食べてみると、そんな心配のいらない美味しさに驚きました。

軽過ぎず、かといって重過ぎない生地は、歯ごたえのいいくるみとスッと鼻に抜けるスパイスが効いています。上に乗っているチーズクリームは見た目の印象とは違い、甘過ぎない絶妙なバランスで大人の味という印象を受けました。

店内のカウンターにはケーキの他にも焼き菓子やパン、キッシュなども販売をされていたので次回は少し早起きをしてモーニングを食べに行こうかなと思います。

朝や夕方はすっかり寒さが身に沁みますが日中は比較的行動しやすい今の季節、秋の横浜観光をしながら少し足を延ばしておいしいケーキとコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?




UNDER BLUFF COFFEE
住所:神奈川県横浜市中区上野町1-8
電話:045-264-8059
営業時間: 8:00〜18:00
定休日:火・水曜定休

( text&photo by大倉 早稀)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.