株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

埼玉新高速鉄道の川口元郷駅から徒歩7分。住宅街の路地裏に突如現れる真っ白いお店。ラテアートの世界大会に出場したことのある、バリスタのお店「B’s CAFE」です。オーナーがパリ在住の時に通っていた、路地裏のカフェをイメージして作り上げた白を基調とした店内。広すぎず狭すぎ、どこの席に座っても落ち着けます。うっとりするようなインテリアに飾られた空間です。
 
オーナーがこだわっているのは、コーヒーやスイーツだけではなく、旬の素材を使用し季節ごとに変わるフードメニューです。メニューが豊富なので見ているだけで、「このお店、また来よ!!」と思いました。

この日は大人のモンブランとマンゴー・メロンケーキ、そして素敵なラテアートのカプチーノを頂きました。
モンブランは甘さ控えめの黒糖を使用。スポンジはオーナー独自の作り方で、甘さ控えめ軽めの食感。スポンジだけでも食べてみたくなる美味しさです。
マンゴー・メロンケーキは、完熟マンゴーをゼリーにし、ミルクムースとアルフォンマンゴーをスポンジに染み込ませたケーキ。濃厚なマンゴーとメロン、「美味しい!美味しい!!」の言葉が止まりません。
 
このお店は種類の違う飲み物を、リフィルとして安価でオーダーできます。食前、食後で違う飲み物を楽しめるのが嬉しい限りです。そして更に嬉しいのが営業時間。川口市には遅くまで営業しているカフェがありません。B’s CAFÉは火〜木曜日は22:00まで、金・土曜日は24:00まで営業しています。お仕事終えた方がゆっくりできるよう・・・、家事を終えた女性がご夫婦でホッとできるよう・・・、そんな想いから遅くまで営業しています。オーナーの優しさですね。
 
まだまだ気になるフードメニューも、スイーツ、飲み物もたくさん!今度は塾帰りの息子と、夜CAFEしに行こうと思います。



B’s CAFE
住所:埼玉県川口市栄町1-10-15
電話:048-280-6995
営業時間:
火〜木曜:11:00〜22:00
金・土曜:11:00〜24:00
定休日:日曜日
https://www.facebook.com/BsCafe2014

(text&photo by西村 千晶)




「ぜんざい」と言えば、温かい小豆に焼餅が入った冬場の食べ物??いえいえ、沖縄ではかき氷に甘く煮た金時豆や白玉をのせた冷たいおやつのことを言います。常夏の島、沖縄では一年中カフェや食堂、沖縄そば店などで頂けます。
 
今回ご紹介するのは、9月に惜しまれつつも引退してしまった沖縄出身アーティスト安室奈美恵さんも通っていたという、ぜんざいの超有名店、富士家さんです。改装されて、一見サーフショップ?と見間違えるほど、オシャレに大変身されていました。
 
定番の富士家ぜんざいは、嬉しい370円。バニラアイスをトッピングしました。「亀せんべい」が、もれなく付いてきます。冷たい状態のままゆっくり味わえるようにと、ガラスの器に煮豆と白玉、タンブラーに氷と、他ではあまり見ない別皿スタイル。かき氷は、昔ながらのシャリシャリしたタイプです。スコップ型のスプーンですくって頂きます。他に、流行りのミルク氷ふわふわタイプのメニューもありました。
 
20数年前、沖縄でピザの配達が流行していた時代に、「ぜんざいを配達したら、みんなが喜ぶのではないか」と考えたのが、富士家の始まり。送料一律1000円で、全国発送もできるそうです。




■ぜんざいの富士家 泊本店
住所:沖縄県那覇市泊2-10-9
電話:098-869-4657
営業時間
10〜5月/11:00〜19:00
6〜9月/11:00〜21:00
定休日:年中無休
http://www.zenzainofujiya.com/

( text&photo by谷村 香織)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.