株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 


植木の街として有名な埼玉県川口市安行。全国一の植木・苗木の里といわれ歴史的にも江戸時代から始まったもので良く知られています。
そんな緑豊かな埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線戸塚安行駅より徒歩6分ほど、けやき通り沿いに地元の方々に愛され続けているフランス菓子店 『シュルプリーズ』があります。

店内は暖かく落ち着いた雰囲気に癒され居心地が良く芳ばしい食欲をそそる香りが迎えてくれます。契約農家より直送される旬のフルーツを使ったケーキをはじめ、焼き菓子やチョコレートなど洋菓子が並んでいます。
豊富な種類のケーキは彩り豊か、おしゃれで可愛く目移りしてしまいます。季節事に変わり常に新作が登場するので、いつ訪れても飽きることなく楽しんで買い物ができます。贈り物にいただいたお菓子やデザートが美味しく、うれしい幸せな気持ちになれるお手伝いができたらというオーナーの気持ちが伝わります。

スタッフの方々もみなさん感じの良い応対です。親切・丁寧、ひとりひとりのお客様に合わせた接客をしてくださいます。最後まで気持ちよく買い物をしていただきたいという思いからお店の出入り口まで商品を持ってお客様を見送ります。それも、お店の人気の秘密でありお薦めのひとつです。

季節感を大事にしたいと色々なフェアやイベントを盛大に行っています。特にバレンタインから春にかけては季節商品もたくさん並びます。バレンタインの季節、チョコレートのラインナップも豊富ですが今回は自分への贈り物としてクラシックショコラとコニャックショコラバナーヌをいただきました。
クラシックショコラは甘さ控えめ濃厚なカカオ感が味わえチョコレートの風味が楽しめます。チョコレートケーキは、甘すぎるものが苦手な方にはおすすめです。コニャックショコラバナーヌはオレンジの香りがとても良くバナナがさわやかな嫌みのない甘さとなっています。

一年を通して、どのお菓子をいただいてもハズレのない美味しさです。素材本来の味を生かし上品な甘さでさっぱり、一口食べれば笑顔になれます。
ご自身へのバレンタインデーに是非どうぞ!!


■シュルプリーズ 長蔵店
住所:埼玉県川口市長蔵2-1-15
電話:048-290-2525
営業時間:9:00〜20:00
     日曜日・祝日 9:00〜19:00
定休日:月曜日(祝日の場合変更あり)
http://www.surprise-saitama.jp/

(text&photo by 加藤 昌子)




ご近所のグルメな友人にパティスリーフォブスさんを紹介してもらいました。隠れおしゃれスポットとして今注目の蔵前にあり、パンのペリカンさんと同じ春日通り沿いに建つお店は店名の金色が映える青と茶色を基調とした店舗で、外からもおいしそうなケーキが並ぶショーケースを見ることができます。

うかがったのが日曜日の16:00ごろだったので、ほとんど売り切れでした。そして、私が買ったあとすぐきたお客様ですべて売り切れ。日曜日は閉店が早いので15:00ごろまでだったらもう少し残っていただろうとのこと。
今年の10月で1周年、店内には紹介された雑誌が数々並んでおり、開店当時からの注目度の高さがうかがえます。

写真一番手前のつややかなショコラグリオットは、グリオットチェリーのジュレが入ったチョコレートムース、その後ろのサバランオランジュにアルコールが別でスポイトにささっているのは、アルコールが駄目な人への配慮だそう。ただし、おすすめはもちろんアルコール入りです。絶品です。一番奥のアズナブルは木苺とバニラ、ホワイトチョコレートの二層のムースです。口の中にいれると二つがきれいに混ざり合う初めての感覚を味わいました。土台もひとつひとつ手が込んでおりどれも本当においしいケーキです。

もうひとつ、日本では珍しいフランス北部リールの銘菓ゴーフルを日本でも味わってほしく試作を繰り返しできたFOBS Gaufres。なんと冷えている状態で食べるゴーフルで、食べ進めていくうちの食感や味の変化を楽しむものだそう。バニラクリームとバターが濃厚でこちらも美味でした。

次に行ったときは、バタークリームのエラブルを買うつもりです♪蔵前散歩がますます楽しみになりました。


■Ptisserie FOBS
住所:東京都台東区寿3-8-4
電話:03-6231-7720
営業時間:平日・土曜日10:00〜20:00
    日・祝日18:00まで
定休日:水曜日(不定休あり)
facebook@PatisserieFOBS

( text&photo by牧野智子)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.