株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 


休日リフレッシュを兼ねて、都立9庭園のひとつ、
六義園へ。 1時間程散策した後、近場でお茶するところはないかWebで検索すると、口コミで「日本一のショートケーキのお店」と名高い 【FRENCH POUND HOUSE大和郷店】 を発見しました。

ここでちょっと悩みました。実は私、生クリームがあまり得意ではないのです。 なぜか食べた後にかなりな確率で胃もたれを引き起こします。 ゆえに今まで生クリームたっぷりのショートケーキを敬遠しておりましたが「日本一美味しい」と言われたら・・・
もうこれは悩んでなんかいられません!!
 
お店の名前に付いている『大和郷(やまとむら)』は、六義園からお店までの界隈の地図には記載されていない超高級住宅街を指しているそうです。 六義園から徒歩で約10分、この閑静な住宅街の中にお店はありました。
趣のある扉から中に入ると正面に大きなショーケースがあります。左側にはカフェスペース、焼き菓子等も並んでいました。 外にはテラス席もあり、ワンちゃんと一緒にお茶を楽しむ事も出来ます。

ショーケースには目移りする程たくさんの種類のケーキがずらりと並んでいましたが、もちろんここはまずショートケーキをチョイス。 ショートケーキはブランとルージュの2種類あります。この他、夏には限定でメロンショートがメニューに加わります。 ブランはシンプルなショートケーキ、ルージュは苺の果汁やお酒を酒を加えてアレンジされたものです。 ショートケーキには珍しい、苺3個のトッピングも可愛く、お得感があり嬉しいです。

この日はルージュを選択し、さっそく一口食べてみます。スポンジに果汁やお酒が染み込み、しっとりしていますがとても 軽い!肝心のクリームは甘さ控えめで、これまた軽くて爽やかで美味しい!全体的にとても口溶けの良いケーキは今まで食べてきた ショートケーキと全く違いました。あっという間に完食!胃の問題など心配の余地もありませんでした(笑)
ブランとルージュ両方頼んで味の違いを楽しんでる方が多くいらっしゃいましたが、なるほどこの美味しさなら2個は軽くいけますね。 食べて納得です。
 
日々の喧騒を忘れられる、大和郷という場所に相応しいとても優雅で素敵なカフェ。 これからの季節、六義園の紅葉とセットでいかがですか?
 
■FRENCH POUND HOUSE
住所:東京都豊島区巣鴨1-4-4
電話:03-3944-2108
営業時間:10:00?20:00
定休日:年中無休
(但し年内は12/3118:30まで、
新年は1/512:00から営業)
http://frenchpoundhouse.com/index.html
(text&photo by 田中 美幸)


 



東武スカイツリーライン曳舟駅から徒歩5分程の住宅地にある「いちや」さん。
外観は白を基調としていて、意識をしていないと思わず通り過ぎてしまいそうなそんな落ち着いた佇まいをされています。

お店に入りまず目に入るのはカウンターに並べられた種類豊富な大福です。通年販売されている大福は粒あん、豆大福、素焼大福、胡麻大福はもちろん季節の旬のフルーツがごろっとはいっている季節の大福(お伺いした時は杏でした)などとにかく目移りをしてしまいました。お店の奥ドアからは職人さんがお菓子を作られている様子を拝見する事ができます。

店内で悩んだ末に今回はお店の方オススメの「いちやの大福」と「しっとりどら焼き」をいただきました。こだわりの北海道産の小豆を使用して職人さんの手で丹念に炊き上げられた粒あんは甘過ぎず薄すぎずといった絶妙なバランスで飽きずにいくらでも食べる事ができる物となっています。そのこだわりあんこを包んでいるお餅も餅米からこだわっている柔らかくしかし程よい歯ごたえをしています。
そしてどら焼きは商品名の通りしっとりと優しい舌触りをしていてあっという間に完食してしまいました。

スカイツリー観光の際には、こだわりが詰まった素敵な和菓子を求めて足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

 

■いちや
住所: 東京都墨田区東向島2-34-10
電話:03-3612-0724
営業時間:10:00〜18:00(売切次第終了)
定休日:火曜日

(text&photo by大倉 早稀)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.