株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

2016年6月、原宿に日本初上陸した韓国生まれのかき氷店「ソルビン」。すっと溶けてしまうパウダースノーのようなふわふわミルクかき氷は、韓国で一大かき氷ブームを巻き起こしたほど。日本ではまだ、原宿・天神・仙台の3店舗しか出店していません。

季節ごとに変わるメニューは、どれもインパクトのあるビジュアル。迷いに迷って、期間限定の「まるまるメロンヨーグルトソルビン」をオーダー。丸ごとのメロンの中に、チーズケーキとヨーグルトアイスクリームが入ってさわやか。メロンの果肉をナイフで切りながらいただきます。器のメロンの皮も凍らせてあるので、最後までミルクかき氷は溶けずにふわふわのままでした。

見た目通り、かなりのボリュームです!温かい飲み物と一緒に、次回は人気ナンバーワンの「きな粉餅ソルビン」にも挑戦してみたいと思います。
ここ天神店は、オープン当初の行列も落ち着いてきたようなので、福岡出張の際にぜひお寄り下さい。穴場です。




■雪氷(ソルビン)天神店
住所:福岡市中央区天神2-10-3 VIORO地下2階
電話:092‐406‐3480
営業時間:11:00 – 21:00(20:00 LO)
定休日:不定休
http://www.sulbing.jp/
(text&photo by 谷村 香織)

 




昔からカフェ巡りが大好きです。
カフェ特集の雑誌からお店を探すことが多かったのですが、最近は情報も多く、どこも空間デザインも素敵そう。SNSやインスタグラムにアップされている写真はどれも美味しそう。選択肢が多過ぎて、逆に悩んでしまうことが多いです。

そんな中今回このお店に行こうと決めたのは、専門誌cafe sweetsで見つけた記事。フードのコンセプトの「徹底した手作り」「手間暇をおしまない」という言葉に心惹かれました。

場所はカフェスポットとして年々評判を上げている清澄白河。元工場だった物件を改装したという外観・内装はスタイリッシュですがオープンで親しみやすくもあり、オーナーの「沢山の人々のライフスタイルを共有できる場所でありたい」という考えが表現されています。

オーダーしたのはカフェラテと、記事でも看板メニューと謳われていたリコッタチーズパンケーキ。リコッタチーズも牛乳から手作りし、オーダー毎にメレンゲをたてて焼き上げます。しっかり厚みのあるふわふわの生地は、シロップをかけずにそのままいただくのが一番!ちょっとあと引くチーズの風味が程よく余韻として残ります。丁寧に淹れられたカフェラテも絶品。テイクアウトしたビスコッティは、もちろんザクザク固いのですが、ちょっと珍しい薄さに厚めのチョコ掛け。印象的な美味しさです。

丁寧に、手間暇惜しまず手作りされたものは美味しい!
当たり前のことですが、当たり前には出会えない、素敵なカフェでした。

またもう一つ素晴らしいと思うのは、ビジネスの視点も強くお持ちのところ。HPにも記載がありますが、コンサルティング業務もしているそうです。地域に根差した素敵な空間を作りつつ、ビジネスとして将来を見据える。何とも格好いいですね!




■iki ESPRESSO TOKYO
住所:東京都江東区常盤2-2-12
電話:03-6659-4654
https://www.ikiespresso.com/
( text&photo by 坂田 美奈子)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.