株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

兵庫県淡路島の南、三原平野ののどかな一画にある、創業80年和洋菓子店すえひろのご紹介です。本当に田んぼの真ん中にありますよ!もともと榎列帰守(えなみかもり)という地でお父様が和菓子店を経営されており、8年の修行を終えられ、平成元年より現オーナーが引き継がれました。また、区画整理により現在の場所に移転されたとお聞きします。

お店に入ると、三角屋根の天井がとても高く、空間がとても広く明るい。一気に癒し空間となりますね。外にテラス席もあり、ゆっくりとくつろげます。
また、淡路島は電車が通っておりません。よって、車での移動が必須となりますが、駐車場が広く島外からもたくさんいらっしゃっているようです。

ショーケースには季節感たっぷり、フルーツたっぷりのケーキがずらり。その隣にはジェラートもあります。まずはいつものメロンいっぱいのムロンにしました。メロンとカスタードクリームの組み合わせにホッと一息。良質の牛乳やたまごなど素材の良さは後味がものがたりますね。定番のシュークリーム、プチフロマージュもお勧め。その際に是非ケーキセットでいただいてください。
紅茶が美味しいのです。種類も豊富。ポットで提供してくださり、蒸らし時間もタイマーをおいて行かれわかりやすい。一番美味しい状態でいただけます。

さらに、ジェラートが一つ選べます。
人気のジェラートは、常時7〜8種ほどあり、種類が豊富です。地元淡路島のミルク、オレンジ味はもちろん、りんごも人気です。
味はあっさりと上品。本物の果物をいただいてるような美味しさです!

気候の良い場所で出来た旬の素材がすぐそこにあり、長年の感覚で、より良いものを提供してくださる船越オーナー。当初「刺激を受ける洋菓子を作りたい」とスタートされたとお聞きします。今もその心は変わらず、そして、そのケーキを美味しくいただくための環境作りにも力を注がれている気を感じるお店でした。
夕方、テラス席での夕焼けは田んぼと空のみ。それはそれは壮大です! ぜひ一度お出掛けください。




■和洋菓子 すえひろ
住所:兵庫県南あわじ市榎列大榎列外1-51
電話:0799-42-2068
営業時間:9:00〜20:00
定休日:木曜日(祝日は営業)
http://jp.bloguru.com/awajisuehiro
( text&photo by多田楠実子)

 



梅雨の季節を迎え、蒸し暑い日が増えて来ました。ちょっとそんな時に食べたくなる冷菓。
今回は、鎌倉市腰越にある2012年4月にオープンした旬のフルーツや野菜を使ったアイスキャンディーとジェラードお持ち帰り専門店『イグル氷菓』をご紹介します。ここは、江ノ島駅近くのジェラート専門店「The Market SE1(ザ・マーケット エスイーワン)」の二号店としてオープン。店舗裏に製造所があり、そこで両店舗のアイスキャンディーとジェラードを作っていらっしゃいます。店先を路面電車江の電が通るどこかノスタルジーな雰囲気が漂うお店。イグルーとは、エスキモー用語で、いわゆる"かまくら"みたいな意味だそうです。軒先に掛かっている看板の雪の結晶のモチーフの中に白クマをかまくらにみたてたお店のマークがとても素敵です。そして黒の太いフレーム枠に店内が良く見える大きな窓ガラスの外観と店内白壁のコントラストが、ひんやりと清潔感あふれる店構えに目を惹きます。店内に入るとレトロ感ある商ケースと小さめの白の冷蔵庫、移動販売用のオリジナルリニヤカーがあるだけの広すぎない店内。特化した商品を売る店としてスッキリとしていて、これまた良い感じです。
さて商品は、定番の商品としていちごミルク、キウイ、マンゴー、あずき、北海道ミルクの5種類。他に厳選した神奈川県産の素材を使用したシリーズ「かながわさん」があります。今日は、『海老名のいちご』でした。前回はトマトだった様で、食べてみたかった!そして、ラッキーな事に不定期で出される『シロクマ、クロクマ』に出会えてとてもラッキー!ゴロっと4種類の果物が入ったミルクキャンディーで作ったのものが『シロクマ』、チョコキャンディーが『クロクマ』です。全種味見してみましたが中でも特に私が気に入ったものは、キウイと海老名のイチゴでした。素材そのものの味と爽やかなスッキリとした甘さがとても美味しかったです!食べ終えたバーには、当たりくじ付きでその焼き印もとても良い!最後の最後までワクワクさせらます。そこかしこに、とっても遊び心とセンスが伺えて、何度も来たくなります。他にもアイスシューや持ち帰り専用のカップジェラードがあり、こちらの中のアイスはSE1の商品になるそうです。お買い上げの合計金額1000円以上でドライアイスをサービスしてくれ、今年から通信販売も出来るようになりました。
両店のオーナーは、とても変わった経歴の持ち主で、日本で7年間、赤坂の有名懐石料理店などで修行されて渡英し、数々の名店で修行された後、ケイタリングのシェフからHONDA F1チームの専属料理人を務め、選手と世界を回って、OFFにはNobu Londonで働かれていた方。2006年 には、F1 News Paper The Red BulletinにてChef of the Year受賞されています。
ARTS&SCIENCEが展開する飲食店「DOWN THE STAIRS」にコラボでここでしか味わえないオリジナルアイスも売られています。イグルオリジナル商品はISETANがセレクトする食の頒布会「こだわりグルメクラブ」でも紹介されたり、幅広く販売されています。ジュエリーブランド「クロムハーツ」とのコラボレーションで、オリジナルアイスキャンディーを作ったことが話題となり、様々なブランドなどから、イベントのノベルティとして特別なアイスキャンディーを作ってほしいという依頼がここ最近多いそう。これから益々、気になる目を離せないお店です!




■イグル氷菓
住所:鎌倉市腰越3-8-26
電話:0467-32-3539
営業時間:11:00〜17:00
定休日:月曜日(祝日を除く)
http://iglu-ice.jp/
( text&photo by平林真理)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.