株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

千葉方面に出掛けた際に、美味しいケーキ屋さんは無いかな?とスマホで検索して見つけた、LE PATISSIER Yokoyamaさん。

場所は千葉県習志野市大久保にあります。私は車でしか伺った事はありませんが、駐車場も店舗前と第二駐車場と完備されています。 以前、ホワイトデーのお菓子を購入に伺った際は、車も長蛇の列でビックリしましたが、店内に入るのにも入場制限されていました!

シェフパティシエの横山さんは、TVチャンピオンケーキ職人選手権で初の三連覇を達成されているそうです。
店内は広くて明るく、焼菓子の台が店舗中央と入口から壁側に棚があり、沢山の焼菓子やギフト箱が陳列されていて、何を買おうか悩んでしまいます。

今回焼菓子数点とケーキ、清見(@400/期間限定)・ショコラデショコラ(@400)・苺のタルト(@420)・丹沢モンブラン(@445)・ストロベリーエクレア(@365)を購入しました。

自宅に帰り、購入したケーキを早速頂きました。柑橘系好きの私は、清見を頂きました。
清見オレンジのムースの中にオレンジのお酒を使ったカスタードクリームが入っていて、 オレンジの甘酸っぱさとカスタードクリームの甘さが絶妙なバランスで、美味しく頂きました。他のケーキも家族で美味しく頂きました。

5月14日は母の日です。いつもはお花を渡したりしていると思いますが、今回は素敵なお花にプラスして、ケーキや焼菓子の詰合せ等を添えて、日頃の感謝を込めて渡してみてはいかがでしょうか?


■LE PATISSIER Yokoyama
住所:千葉県習志野市大久保1−1−34
電話:047-403-8886
営業時間:10:00〜19:30
定休日:火曜日
http://p-yokoyama.jp
( text&photo by中川 房子)

 




カキ氷、それは夏の風物詩。
強い日差し、蝉時雨。汗をかきながら、かき氷を口に運ぶと
キンキン頭痛がするものです。
しかし、ここ数年でカキ氷は大きく変化しています。

訪れたのは1月。谷中にある ひみつ堂。1月の寒空の中、カイロをさすりながら待つこと1時間。真冬でも多くのお客様でにぎわう有名店です。

いただいたのはいちごみるく。さらさらしたシロップでは無く、本物のイチゴを使った贅沢なシロップと、ふんわりふわふわのコオリ。口に含むとふわっと溶け、キーンとならないやさしい冷たさ。カウンターの目の前で懐かしい手回しのかき氷機で削って提供しています。味によっては、途中でシロップをかけ、再び氷を削って乗せるものも。かき氷が出来上がっていく工程も、なんだか見入ってしまいます。

ミルクも甘すぎず、いちごの味がダイレクトに伝わるカキ氷でした!かき氷、寒い冬もおいしいのだなーとしみじみ味わいました。卓上にはストローも準備してあり、溶けてきたタイミングで飲むことも可能です!

メニューを見ると、生クリームが乗ったものや、芋やかぼちゃをペーストにしたものなど、多種多様。一味変わったかき氷が、一年中いつきても楽しめます!実はこの冬3回もお邪魔しています!食べたい味が多く、なんども足を運びたくなります。季節でメニューの入れ替えもあるようです!

ツイッターで毎日最新情報を配信されていますので、毎日チェックしてみてはいかがでしょうか?

お隣で、イチゴ大福も販売されています。こちらも数量限定で、長い行列が!!
一度食べてみたいなー!

■かき氷専門店 ひみつ堂
住所:東京都台東区谷中3-11-18
電話:03-3824-4132
営業時間:10:00ごろ〜18:00ごろ
定休日:月曜日
http://himitsudo.com/


(text&photo by 久保 範子)





 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.