株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

山好きのオーナーが材木や空間にこだわって始めたカフェ「OutdoorCafe山小屋」が埼玉県上尾市にあります。秋田杉を使用した小さな小屋。店内は天井高く窓からの眺めは緑が広がっています。漆喰壁に同じく秋田杉を使用した腰壁。そして何よりも店内の片隅にある薪ストーブの暖かさが、お店の雰囲気をゆったりさせてくれています。
薪の燃える灯りがまるでランタンの灯りの様で、まさにここは北アルプスを感じさせてくれるような山小屋です。

コーヒーは自家焙煎。豆や紅茶の葉も様々な種類があり購入も出来ます。利き酒ならぬ利きコーヒーセットもあり、異なった国で栽培された豆をオーナーお薦めの挽き方で、味・香りの違いを楽しむことが出来ます。

注文したのはオリジナルケーキセット。初めて食べるホワイトチョコのガトーショコラ。ホワイトチョコ特有のクリーミーな甘さとしっとりとした生地。普段食べているガトーショコラより甘さが優しい。山小屋オリジナルのビターコーヒーの香り・コク・酸味がケーキによく合うこと!そして、お次は真っ白なハモニカです。NHKドラマ「ごちそうさん」にも登場したお菓子だそうです。メレンゲと寒天、そしてレモン汁を使ったお菓子。気になるお味は、メレンゲのふんわり感と寒天のプルプル感が口の中で「シュワンッッ!」と音がします。 さっぱりとした甘さで、レモンのすっきりとした味も生きており、食感も味もとっても不思議なケーキです。美味しくいただきました。

薪ストーブの灯りと漆喰の壁、そして自然の景色。時間がゆっくり流れます。ケーキの他にも、自然食材を使用したメニューもあります。自分でバター作りもできるランチセットや季節のケーキ、オーナー企画の登山など・・・今後もいろいろ気になる「山小屋」です。




■OutdoorCafe 山小屋
住所: 上尾市菅谷2−86−3
電話: 048-729-5814
営業時間:10:00〜19:00(18:30 LO)
定休日: 水曜日

(text&photo by西村千晶)
 




福岡のおしゃれスポット、糸島半島の突端にある製塩所「工房とったん」では、玄界灘の内海と外海がちょうどぶつかり合う場所から海水を汲みあげ、木材と竹で組んだ立体塩田で天日干しし、薪を燃やして煮詰めた天然塩を作っています。

海辺の工房には、手作りのブランコやハンモック、テーブルや椅子、目の前の砂浜で拾ったシーグラスや貝殻がちりばめられ、温かみのある素敵な雰囲気を醸し出しています。

とは言え、真冬の日本海!にもかかわらず、プリンを求めこんなところに行列ができるのです。週末には1日で1000〜1600個売れるそう。周りに何があるというわけでもないのに、わざわざプリンを買い求めにくる客で、駐車場がいっぱいになるのです。

材料は、地元糸島のこだわりの卵や牛乳を使用。プリンには、工房でつくられた花塩とカラメルがついてきます。お好みの量をかけて、自分好みに食べるスタイル。濃厚でなめらか、美味しすぎる!大粒のかけ塩が、生クリームとろとろのプリンの甘さを引き立てます。

「花塩プリン」350円 カラメルと花塩つき、「塩チョコプリン」(期間限定) 450円 生チョコとチョコプリンの二層、ミックスナッツと花塩つき、他には、底に塩キャラメルソースが入った「キャラメルプリン」、金ごまと少し大きめの花塩をかけて食べる「ごま塩プリン」。こちらの工房で作られた「またいちの塩」(250g)は 810円 で販売されています。

こんな場所に、プリンの行列!目から鱗です。


 

■またいちの塩 製塩所 「工房とったん」
住所:福岡県糸島市志摩芥屋3757
電話:092-330-8732
営業時間:10:00〜17:00
http://mataichi.info/tottan/

(text&photo by 谷村 香織)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.