株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

今年も残すところ後一ヶ月。
街中がクリスマス一色、煌びやかなイルミネーションで私達もいつもと違うテンションで過ごして居ると思います。クリスマスケーキは何処のを購入しようかなと考えていたりしていると思います。

篠崎駅から徒歩7~8分程の所に「Patisserie FLEURIE」があります。店内は暖色系でぬくもりを感じる事ができ、雰囲気も良く入りやすいです。お店に入ると正面にショーケースがあり、ケーキは十数種類あります。小さいお子さんが喜びそうな、ウサギさんやてんとう虫のケーキは食べるのがもったいない位かわいいです。今回チョコレートケーキを2種類と、シュークリームと焼きドーナツを購入しました。シュークリームは、注文してからクリームを詰めてくれます。生地はサクサクで2種類のクリームがたっぷり入っています。チョコレートケーキ(ガトーショコラと蒸し焼きショコラ)蒸し焼きショコラは、口当たりが軽くクリームとの相性もバツグンです。

そして私がオススメしたいのは焼きドーナツです。ドーナツと言うと揚げているイメージがあると思います。こちらの焼きドーナツは種類も豊富で色々な味が楽しめます。私は柑橘系やチョコレートが好きなので、毎回レモンやチョコレートを購入していますが他にも黄な粉などの和テイストの物もあります。購入したレモンは口の中で風味が広がり、外に掛かっているシュガーとも絶妙なバランスで珈琲との相性もいいです。いつも同じ物を購入してしまう私ですが、次回は違う味も購入したいと思います。

クリスマスケーキも子供達が喜ぶようなかわいいノエルのケーキ等予約ですがあるので一度チェックしてみて下さい。



■Patisserie FLEURIE
住所: 東京都江戸川区篠崎町1-167-7
電話: 03-3676-6860
営業時間:10:00〜19:00
定休日: 火曜日
http://fleurie-tokyo.com

(text&photo by中川房子)
 




横浜の日本大通り、プロ野球シーズンも一段落したスタジアムを過ぎて隣に見ながら入った建物は横浜情報文化センター。旧横浜商工奨励館の低階層部を残しており、その2階部分に今回のお店があります。

昭和4年に竣工した建物と異国情緒あふれる店内、贅と質の良いところだけを取り出した什器がお出迎えしてくれます。注文したのはカルディナールシュニッテン。メレンゲとスポンジ生地の間にコーヒー風味の生クリームをサンドし、フォークを入れた触感はふんわりしたいながら口に入れた食感はしっとりしている。これはいい意味で騙されます。触感を求めてもう1つ食べたくなります。もう1つ注文したモン・プディングはカスタードプリンの上にカラメルジュレの組み合わせ。カスタードプリンの味が濃く、それに合わせてカラメルジュレは控えめにされており、食感をより楽しめる為ジュレのボリュームがのっていたりと、サイズ以上の充実感に楽しめます。

スイーツ単品でも十分に楽しめるのですが、特に記者、弁護士、裁判官たちのカフェは必見。今回は裁判官のカフェを注文。オレンジリキュールが一緒に添えられてきます。裁判官へ気付けの一杯として出していたオレンジリキュールと一緒に飲むと、温かくも爽やかな風味が香り、スイーツの美味しさを引き立たせてくれます。

他にも気難しいパリの記者への配慮や、弁護士へ弁舌になっていただく為に等と、ドリンクと生活のマリアージュが体験できるお店の光る趣向があります。

どうでしょうか?お昼から落ち着いた店内でゆっくりと、そして試合開始前に気付けの一杯からファンの球団を応援などは。緩急のあるライフスタイルがここから生まれます。


 

■CAFE de la PRESSE
住所:横浜市中区日本大通11情報文化センター2F
電話:045-222-3348
営業時間:10:00〜20:00(LO:19:30)
定休日:月曜日 ※祝日・振り替え休日の場合は翌日
http://www.alteliebe.co.jp/cafedelapresse/

(text&photo by大橋 拓真)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.