株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

日光街道の宿場町として栄え、松尾芭蕉が千住から歩いて着いた町、埼玉県草加市。今でも江戸の面影が残っている場所があります。江戸時代に草加宿で販売したのが発祥とされる草加せんべいが有名です。また、平成26年3月草加松原を奥の細道の風景地の一群をなすものとして国の名勝に指定されました。

そんな地場産業・観光名所のある草加で駅から少し離れた人通りのない住宅街にあるオシャレなカフェに行ってきました。『café gallery CONVERSION(カフェギャラリーコンバーション)』です。

お店の前にバス停型のとても可愛い看板があります。店内はやや暗めですが、温かみのあるひょうたん型の照明が吊るされています。ウッドな感じ且つシンプル。懐かしい木枠の窓。家具、インテリアはアンティークで落着いた色でまとめられています。全て手作りのようです。

おすすめは、『ほっとけーき』と季節や仕入によって内容が変わる『日替わりランチ』です。幅広い層のお客様が来店されるため、食材は化学肥料をなるべく使用していない野菜をはじめ安心・安全な物を仕入ています。地元で採れた野菜も積極的にメニューに活かしているそうです。

今回は、『プレーンほっとけーき』とおりじなるブレンド珈琲をいただきました。ほっとけーきは焼き上がりまでに時間がかかるとのことです。待つこと30分、ボリューム感満載、写真では分かり難いのですが生地の厚さ3pにうれしい衝撃です。

焼きたてのほっとけーきにホイップクリームとバター、楓シロップとトッピングの小倉あん。ほかほかなのでホイップクリームがアイスのように溶けていきます。ほんのり甘い生地に軽い口当たりのホイップクリームと塩気のあるバター
香ばしい楓シロップをたっぷりとろ〜り。シロップとバターでただ甘いだけではない味わい、それだけでも美味しいのに甘過ぎず消えてなくなるような口溶けのホイップクリームが全体をまとめていてベストバランス・・・
うーん思わず『うまっ!!』の一言です。合間にいただく珈琲がまた美味しいくカップが素敵。こちらもカップも手作りのようです。苦味とコクとほのかな酸味、くせがなく珈琲の苦手な方でも美味しくいただけます。

ふわトロ系ではなく昔ながらのおやつで食べた懐かしい感じ、外はカリッとしていてしっかり、どっしり食べ応えのあるほっとけーきは、ランチとしていただいても十分おなかが一杯になります。プレーン以外にもチョコバナナ・抹茶など他にもあり、デザートとして何人かでシェアしながらいただくのもおすすめです。

店内にあるひとつひとつのものに、こだわりと手作りの想いが込められている居心地の良い空間です。友達や家族とゆったり過ごす、ひとりで本を読む、誰もがくつろぎに来て雰囲気を楽しむことができる、そんなステキな時間を過ごせる憩いの場です。



■café gallery CONVERSION
住所: 埼玉県草加市高砂1-10-3
電話: 048-928-0188
営業時間:11:00〜19:00
ランチタイム 16:00まで
ラストオーダー 18:00
定休日: 日曜
http://www.cafegalleryconversion.com

(text&photo by加藤 昌子)
 




梅雨明け、夏真っ盛りの沖縄より、みずみずしい旬の県産フルーツをたっぷりと使ったタルト専門店をご紹介します。1号店である港川本店は、沖縄の元外国人居住区だった古い家屋を改装した、アメリカの雰囲気たっぷりのとても味わいのある店舗です。かわいい小鳥のパッケージも含め、その世界観に魅了されます。

手掛けるのは、家具雑貨制作のチューイチョーク。元々は、雑貨店が毎月18日だけに販売していたお菓子が評判となり、スイーツショップをオープンしたそうです。今では県内に5店舗とベーカリーも展開、ちんすこうや紅芋タルトにも負けない沖縄人気スイーツに発展しました。

香ばしいサクサク生地とクリーム、その季節にしか食べられないみずみずしいフルーツ。直径7センチメートルにぎゅっと詰まったそのバランスに、こだわりがうかがえます。

ギフトにはタルト以外にも、「しあわせはこぶとりサブレ」、クリームとドライフルーツをサンドした「旅するタルトサンド」、沖縄の太陽を思わせるシークワサーの酸味がとても爽やかな「ヒラミーレモンケーキ」は、お土産にぴったりです。特にレモンケーキは癖になる美味しさ!

本店は、観光地から少し離れていますが、焼菓子であれば那覇空港店でも購入できます。沖縄旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみる価値ありです。

 

■oHacorte(オハコルテ 港川本店)
住所:沖縄県浦添市港川2丁目17-1 #18
電話:098-875-2129
営業時間:11:30〜19:00
http://www.ohacorte.com/index.php

(text&photo by谷村 香織)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.