株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

3月31日に銀座にオープンした東急プラザ銀座。その地下2階に、京都から「ハンデルスベーゲン 」というアイスクリーム専門店が都内初出店したという話を聞き、行って参りました。

こちらの最大の特徴は、京都の板前として修業を積んだ職人が一流の素材を使って作る、店内の厨房で作られた出来立てのアイスクリームを味わえるということ。通常、アイスクリームは冷凍されて運ばれるので固くなってしまうのですが、こちらでは、出来立てならではの柔らかい食感が楽しめます。

訪れた日は15人ほどが行列を作り、人気のフレーバーは次々に厨房から出来立てが補充されます。

今回は銀座・みなとみらい店限定のサンデーを。こちら、世界中を旅したシェフ、林絢子シェフとのコラボレーションメニューです。種類あるフレーバーから、自分の好みの味を2種類選ぶと、そこにシェフこだわりのチェリーのコンポートや小さくてかわいらしいフィナンシェ、プラリネナッツ、シロップ等が丁寧にトッピングされます。

かなり目移りしながら選んだフレーバーは、一押しの抹茶と、あまおうチーズケーキ。日本らしいアイスクリームにこだわるこちらでは、季節ごとの素材をとても大切にしていて、今の季節はあまおうで展開したフレーバーが4種類ありました。

店内のイートイン席にていただきます!アイスクリームは確かに両方ともフワフワで、今まで食べた事のない食感。特に抹茶は出来立てほやほやでさらに柔らかく、写真を撮っている間にもどんどん溶けてしまうほど。周りのお客様も口々に「柔らかい!!おいしい!」と感動していました。

アイス自体の味も甘すぎず、抹茶やあまおうの素材感をしっかり感じられ、滑らかな舌触りもあいまって、本当にあっという間に食べ終わってしまいました。

こちら、なんとワッフルコーンもその場で手焼きしていて、
焼いてから冷ます行程が必要なため、タイミングによっては売り切れてしまうという幻のワッフルコーン。

今回はサンデーでしたが、アイスクリームが美味しすぎて、トッピング無しでもう一度味わってみたい!と思ってしまいました。もちろんその時はワッフルコーンで。

銀座では貴重な、ちょっと座って一息つけるお店でもありますので、暑くなるこれからの季節、銀座にお出かけの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



■ハンデルスベーゲン銀座店
住所: 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座B2F
電話: 03-3575-5300
営業時間:11:00〜23:00
http://www.handelsvagen.com/

(text&photo by島 祐子)
 




「アジアのベストレストラン50」のアジアの最優秀パティシエ賞を2013&2014年2年連続して受賞しているシンガポール人のパティシエ ジャニス・ウォン氏。

スイーツは見た目の美しさに加え、日本人にはなかなか想像のつかない味や食感、驚きや新しい発見を提供する、デザートバーという新しい形態で、2016年4月15日新宿駅前のニュウマン(NEWOMAN)に日本1号店がオープンした。店内はモノトーンでまとめられシックで落ち着いた雰囲気。カウンター席ではパティシエが繊細なタッチでプレートを創り上げていくのを見ることができる。

メニューは全てアシェットデセールと呼ばれる皿盛りのデザート、そしてお酒。合うお酒とのマリアージュが紹介されている。今回はおすすめのカシスプラム、これはジャニス氏が日本の春にイメージしたものだそう。オープンして最初の週末でもあり、ジャニス氏ご本人が目の前で作ってもらえるという贅沢。小柄で可愛らしい彼女が片言で説明を添えながら皿を出してくれた。ブルーの陶器に載せられたそれは食べるのがじつにもったいない美しさ。まさしくジャニス氏の言う「食べれるアート(エディブルアート)」だ。
目で楽しませてもらったあとは、意を決して頂いてみる。真ん丸のカシスのボールの中にはヨーグルトムース、トッピングには梅酒のソース、柚子、そしてなんと筍。ボールの底にはクリスピーなライスパフ。甘さは非常に控えめで素材そのものの甘み、香り、酸味を大切にしている印象。筍は甘辛く柔らかく煮てあって意外なアクセントに。見た目同様繊細な味を堪能できた。

 今回は昼間の時間だったが、個人的には夜来てみたいと思った。ディナーの後、このバーでデザートとお酒を楽しみ締めくくるこができれば素敵すぎる。大人の素敵な時間の過ごし方ができるお店のひとつです。e recette 鎌倉」のフレンチトーストを食べに行ってはいかがでしょうか。1日が幸せになること間違いなしです。

 

■JANICE WONG(ジャニス・ウォン)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55
    NEWoMan SHINJUKU2F
電話:03-6380-0317
営業時間:11:00〜23:00
定休日:NEWoMan SHINJUKUに準ずる
http://www.janicewong.jp/

(text&photo by藤本壮造)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.