株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

紅葉が綺麗に彩る鎌倉の山々に囲まれたところにある「三日月堂花仙(みかげつどうかせん)」という和菓子屋に行って参りました。北鎌倉駅から徒歩10分、旧鎌倉街道を建長寺へ向かう坂道の途中にお店はございます。昭和4年に池袋で(有)三日月堂として開業し、平成4年に店名を(有)三日月堂花仙として新たに鎌倉で開業され現在に至るお店は、一級技能検定資格を持つ和菓子職人が作る、こだわりの自家製餡が特徴です。

店内に入ると和菓子のショーケースと左手には甘味処があり、近代的な暖炉風ストーブが歴史ある鎌倉と現代との共存を感じられます。

上生菓子とお茶のセットも頂きたかったのですが、白玉ぜんざいとあんみつを注文。白玉せんざいは、つるつるな大きな白玉が8個に、大きな粒餡。甘すぎなく舌の上でほどよく潰れる硬さが丁度よいバランスがとても良い白玉ぜんざいでした。あんみつは、みかん、りんご、あんず、さくらんぼ、キウイが入ったフルーツ山盛りの中に大きな白玉が一つ。フルーツの下にはごろっと四角い寒天がたっぷり。赤えんどうにこしあんが入っていて食べごたえもあります。コメントするまでもなく絶品でございました。また、おまけの落雁や季節のお花なども嬉しい心遣いです。

紅葉が綺麗な鎌倉をお寺を巡りながら、ハイキングの途中に立ち寄れる贅沢なひとときでした。


■三日月堂花仙
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内133-11
電話:0467-22-8580
営業時間:9:00〜17:00
定休日:月曜日(祭日の場合水曜日)
http://www.casen.co.jp/index.html

(text&photo by藤本壮造)
 




上野毛の住宅街に佇む、クリームイエローの外観が可愛らしいパイタルトの専門店「ママタルト」。もともと代官山にあった店舗をこちらに移転したのが2013年。以来、休日のランチタイムは行列になることもある程の人気店です。

伺ったのは日曜日の三時半頃。10席ほどのイートイン席はほぼ埋まり、既にsold outしているパイもちらほら。色々目移りしながら、この日は季節のタルトである、苺のタルトをいただきました。運ばれてきてそのボリュームにびっくり!溢れんばかりの贅沢な苺にテンションが上がります。

パイ生地で出来たサクサクのタルトの上にはたっぷりのカスタードクリームと、その上に生クリームも。贅沢に盛られた甘酸っぱいイチゴとクリームも甘さでとっても幸せな気分。クリームは甘さ控えめ、パイ生地も油っぽくないのであっという間に食べ終えてしまいました。素朴ですが、「ママタルト」の名前の通り、手づくりの優しさがたっぷりつまったタルトです。

食べている間に他のタルトも食べてみたい!と思ったのは私だけでなく、イートインしている最中にお土産用のパイをキープするお客さんがあっちもこっちも。さらにはテイクアウトで5個、6個と買って行かれる方もいらっしゃり、食べ終わってお会計をする頃にはもう殆どが売切れ、という状態になっていました。

フルーツは季節によって変わりますので、その時の旬がたっぷり味わえます。サーモンやきのこを使ったお惣菜パイもとっても美味しそうでした。

趣向を凝らしたスイーツも良いけれど、たまにはこんな素朴なパイタルトでほっと一息も、オススメです。

■ママタルト (MAMA TARTE)
住所:東京都世田谷区上野毛1-22-17-1F
電話:03-6335-0143
営業時間:11:30〜19:00
定休日:月曜・火曜定休(祝日の場合営業、翌日休み)

(text&photo by島 祐子)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.