株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 
 

最近の神楽坂は、とても楽しい!

新潮社の倉庫を生かして作られた新たな商業施設「ラカグ(la kagu)」。20年ほど使われていなかった倉庫を、サザビーリーグと新潮社、両社の協力のもと開業し、新たなライフスタイルを感じる素敵な空間のshop。

そして、神楽坂の新しい情報発信地、街の本屋さん「かもめブックス」。小さいながらに「本」「コーヒー」「アート」という3つの要素がギュッと詰まった素敵な空間。店内のレイアウトが、興味の扉をどんどん開けていくような素敵なお店。

もちろん、赤城神社にも参拝したりカフェしたり。五十番で肉まん買ったり。

そして、はずせないのが『神楽坂 紀の善』。店の前を通るならば、買わずにはいられない、そう思わせる定番の甘味。お休みの日は甘味処は、いつも行列。なかなか入れない。『紀の善』の素晴らしいところは、テイクアウトの形がとても品よくまとまっていること。

テイクアウトの抹茶ババロア  658円

抹茶のグリーンがとてもきれいなババロア。カップの下に、程よい大きさのババロアが入り2層になった上のカップに、クリームと小豆。この量がとてもちょうど良い。甘さかなり控えめの抹茶の香りたっぷりのババロアと、クリームと小豆。小豆もまた、程よくやわらかく粒も感じ、抹茶ババロアとよく合う。

ぜひ、神楽坂散策がてらテイクアウトしてみてください。
自宅で、もう一度神楽坂気分でゆっくりできます。


■紀の善
住所:東京都新宿神楽坂1-12紀の善ビル
電話:03-3269-2920
営業時間:火〜土曜  11:00〜20:00(19:30 LO)
日祭日  11:30〜18:00(17:00 LO)
定休日:月曜日(祝日の月曜日は営業、翌火曜日がお休み)
http://www.kinozen.co.jp

(text&photo by武井みゆき)
 




埼玉県川口市。通称「鋳物の町」地場産業の一つである鋳物の歴史は千年以上にもなります。川口市の小学校の鋳物工場社会科見学では、鋳物のベーゴマが子供達に配布されます。その伝統ある川口の職人魂を、子供達に食べることで学び受け継いで欲しい!川口のイメージを食で伝えたい!という願いから「ベーゴマクッキー」を開発したお店があります。ヒールアップハウス「晴れ晴れ」施設長の石崎美智さん。

鋳物でベーゴマの型を開発し、型の細かい凹凸が綺麗に出るように生地を何度も何度も調整し、数年かかってようやく仕上がったクッキー。まだ、発売前なのですが、特別に鋳物の型と試作品を拝見しました。とっても愛くるしい型と、綺麗な姿のベーゴマクッキー。今年の冬いよいよ発売開始です。

「晴れ晴れ」は、障がいのある方々が心を込めて美味しいパンやクッキーを作っているお店です。石崎さんのおいしい素材選びの基本は「住んでいる地域を大切にしたいから、地域のものを大切にしよう」その強い想いから始まりました。小麦粉、米粉、麦味噌、狭山茶など全て埼玉県産。

狭山茶を練り込んだ「茶葉丸」、川口産の甘辛い大豆味噌「ココだいず」は福祉事業を対象とした焼菓子コンテストで昨年、今年と2年連続優勝したクッキーです。この他にも小麦粉、米粉、和三盆糖のみを使用した「和三盆」「むぎ」があります。素材そのもののシンプルな味。地域を大切にしている石崎さんの強いこどわりと優しさが詰まったお菓子です。

住んでいる地域を、素材を大切にするまさに埼玉愛。埼玉にはまだまだ「おいしい素材」がたくさんありそうです。
これからも地産地消を目指し、たくさんの埼玉ならではのお菓子を開発して欲しいです。

もうすぐ発売のベーゴマクッキー。埼玉愛がまた深くなりそうです。。

 

■ヒールアップハウス 晴れ晴れ
住所:埼玉県川口市北園町12-20-101
電話:048-269-8289
営業時間:平日11時〜15時
http://www.harebare.org

(text&photo by西村千晶)




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.