株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 

浅草にあるフルーツパーラーゴトーは昭和40年創業の老舗です。白を基調にしたとても明るい店内は、改装してちょうど10周年になるそうです。

ここは、季節のフルーツを使ったパフェとパンケーキが有名で、開店時間11:00すぎに到着したところすでに列ができていたので、15分ほど待ちました。カウンターに通していただいたので、目の前で次々とパフェが作り出されていく光景をばっちり観察することができ、注文した商品を待っている間も楽しめました。注文が入るたびに新鮮なフルーツを華麗にむいて、並べるとみごとな作品となりお客様のもとへ届けられます。大変リピート率の高いお店で浅草に来るたびに立ち寄るお客様も多いようです。ひとつひとつの丁寧な作業がたくさんの人を惹きつける秘訣に思われました。パンケーキも注文が入るたびに粉からこねて、銅板でふっくら焼きあげます。時間はかかりますが、つくりたてのおいしさはシンプルな食べ物ほど顕著にあらわれるものですね。

2,3種類のフルーツがその時期しか食べられないもので、マンゴーはその時期にあわせて産地が1ヶ月ごとぐらいで変わるそうです。2800円のマンゴーのパフェ、実物は圧巻!マンゴーを半分使った贅沢な商品は頼む価値ありです。私が頼んだメロンのパフェ。頼んだ後に聞いたのですが、温室栽培なので一年中食べられるそうです。アイスは、バニラと新鮮な自家製アイスの2種類を楽しむことができます。

今度いったらどのフルーツを食べようか、またひとつ楽しみが増えました。

■フルーツパーラーゴトー
東京都台東区浅草2-15-4
TEL:03-3844-6988
営業時間:11:00〜19:00
定休日:毎週水曜日

(text&photo by牧野 智子)
 




東京スカイツリーから20分程歩いたところにある鳩の街通り商店街の一角にある『古民家カフェこぐま』に行ってきました。

お店の外観は昭和2年築の元薬局をリノベーションされておりとても落ち着いていて懐かしい雰囲気をされています。また内装も当時の物を利用されいて、壁に設置されている薬棚には動物もモチーフにした焼き物が並んでいます。利用されている机やいすは小学校で使われていた物を作り直しているので思わず童心に帰ってしまう空間となっています。

そんなお店で今回はあんみつ玉を頂きました。自家製のあんとフルーツを信州の寒天で包まれていて見た目からとても涼しげな一品となっております。寒天の程良い歯ごたえと中に包まれているあんとの愛称は抜群で、そのまま食べてももちろん自家製の黒蜜をかけて一度に二度楽しめます。

またデザートだけでなくランチやドリンクもございますので
スカイツリーに観光にいらした際はぜひ足をのばしていただきたいです。

 

■古民家カフェ こぐま
住所:東京都墨田区東向島1−23−14
電話:03-3610-0675
営業時間:10:30〜18:30
定休日:火曜・水曜
http://www.ko-gu-ma.com/

(text&photo by大倉 早稀)



 




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.