株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


数年前からアメリカの都市部で流行し、今やすっかり市民権を得ているという「コールドプレスト」製法のジュース。日本でも今年に入って続々専門店がオープンしています。今回はそのうちのひとつ、この7月に代官山に登場した「Why Juice?」 に足を運んでみました。

「ジューススタンド」と呼ぶのがしっくりくるくらい小さなお店には、小学校低学年くらいのお子様連れファミリーにはじまり、一汗流したランニングウェアの颯爽とした中年男性、カップル、ガイドブック片手のOL風女子二人連れと、客層もさまざま。幅広い人気がうかがえます。

ボトルとプラカップから選べますが、私はロゴ入り牛乳ビンの可愛らしさに迷わずボトル(スモール)をチョイスしました。「Fresh Green」(¥800/ケール・セロリ・レモン・キュウリ)はきゅうり のみずみずしさ、「All You Want」(¥1200/ビーツ・リンゴ・ケール・セロリ・ニンジン)はビーツとリンゴの自然な甘み。どちらもさらりスッキリ、従来の野菜ジュースとのど越しが驚くほど違います。普通の調理では食べきれないほどの量の野菜がぎゅっとひとビンに詰まっているのに、とても飲みやすく優しい。ちびっ子がおいしそうにカップを抱えていたのも納得です。

「コールドプレスト」とは、文字通り熱殺菌せず圧搾して野菜や果物のジュースを搾り出す「非加熱圧搾」製法で、摩擦や熱で失われやすい酵素やビタミンが守られます。さらに最近おなじみのスムージーと決定的に違うのが、搾りかすなどの固形物=不溶性食物繊維が含まれないことにより、胃腸に負担をかけることなく、栄養素を効率良く素早くとることができるということ。専用の大型ジューサーや使っている野菜の質や量を考えれば、知らずに見るとちょっとギョッとするこの価格もむしろ良心的なのかもしれません。ちなみにプラカップだとビンの分お安いので¥600から味わえます。代官山散策で野菜とフルーツのチカラを注入してみては?


■Why Juice?
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町 13-8 1F
TEL:03 - 6416 - 5678
営業時間:8:30 am – 7:00 pm 
定休日:水曜日
http://www.why-juice.me/

(text&photo by菊池 和美)
 




クロワッサン×ドーナッツ=クロナッツといった2つのスイーツを合わせたハイブリッド・スイーツが昨年から注目されています。フレンチワッフル、ティラミスパンケーキ、タウニー(タルト+ブラウニー)、クロワッサンベーグルなど。サダハルアオキさんのマカロンが入った大判焼は有名ですね。クロワッサンたい焼きも注目を集めた商品のひとつです。

その中のひとつ「窯出しフレンチパンケーキ」を豊洲のButterさんに食べに行ってきました。大阪発祥のこちらのお店、豊洲店は2013年3月にOPENし、こちらのメニューは新定番として当初からあるそうです。

フレンチパンケーキは焼いたホットケーキを卵液につけもう一度焼き上げます。工程としては自宅でもできそうですが、こちらのお店ではこだわりの素材を使用し、水切りヨーグルトを混ぜ込んだパンケーキ生地を生クリーム入りの特性アパレイユに漬け込み、おいしさを閉じ込めるため窯で一気に焼き上げます。バターが溶けたところに口解けのよい生クリームを添えてメープルシロップと一緒に一口食べる・・・至福のときです。鉄鍋の上のパンケーキは温かさが保たれ、食べ進めるうちに段々とメープルシロップが全体に染込み、しっとりフワフワの食感と少しだけカリカリになった縁の部分を味わえます。

真っ白が印象的で高い天井に鳥かごやシャンデリアが装飾された店内、外には牛など動物のオブジェがあり、非日常の空間が演出されています。こちらはららぽーと豊洲内にございますので、ショッピングのあとの一息にいかがでしょうか。

 

■パンケーキ専門店 Butter ららぽーと豊洲
住所:東京都江東区豊洲2-4-9
        アーバンドックららぽーと豊洲 ShipU 1F
電話:03-6204-2696
営業時間:11:00〜23:00(L.O. 22:00)
定休日:ららぽーと豊洲に準じる
http://www.butter-pancake.com/toyosu/

(text&photo by牧野 智子)



 




 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.