株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


下町におしゃれな外観のケーキ屋さんPATISSERIE Avignon(パティスリーアビニヨン)さんがあります。

こちらのシェフは、フランスや自由が丘「オリジンーヌ・カカオ」等で経験を積んで、お父さんが経営していたお店を継いだそうです。

今回伺った時に購入したケーキは「アリバ」下町の老若男女全ての方が食べやすいように作られたチョコレートケーキで、口当たりも軽くとても美味しかったです。もうひとつは「キャラメルオランジュ」ミルクチョコレートとキャラメルとオレンジを使用したケーキです。シェフのこだわりの一品だそうです。(伺った時は新商品でした)すごく濃厚なのですがオレンジの酸味と苦みがアクセントになっていて、こちらも美味しく頂きました。他に、マカロンや焼き菓子も購入しました。焼菓子で「ケークオショコラフィグエオランジュ」(こちらも購入時新商品でした)いちじくとオレンジピールを入れたチョコレートケーキです。カットした物とバトンサイズと2パターンで販売しています。カットされた物でもずっしりとしていてお腹が満たされます。

今月はバレンタインデーがあります。普段はチョコレートを贈ったりしているけど、今回はケーキを一緒に食べたり、焼菓子を皆で切り分けて食べたりして素敵なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?


■PATISSERIE Avignon(パティスリーアビニヨン)
住所:東京都墨田区墨田3-1-19
TEL&FAX :03-3612-1763
営業時間 11:00〜20:00
定休日:火曜日・第3水曜日
http://www.g-3080.com/avignon/

(text&photo by 中川房子)





もうかれこれ3年はブームの続いているパンケーキ。雑誌のスイーツ特集でも毎回必ずいくつかの新店舗がオープンしている様子。1皿1,000円を超える値段も見慣れてしまって、すっかり定番のスイーツジャンルです。クリームが山盛りだったり、フルーツをふんだんに飾りつけたり、生地を覆い隠すほどのソースを使ったりと、いろいろな工夫の施されているパンケーキ市場で今回気になったのは、ショコラティエの作るショコラ生地のスフレパンケーキ“モンキーパンチ”です。

2013年12月にオープンしたばかりという赤坂見附の「DEL'IMMO(デリーモ)」は、ショコラについて専門に学んだという江口和明シェフのパティスリー。“ショコラティエが創るパティスリー”というコンセプトの通り、ガトーは7割がショコラ主体のもの。カフェメニューもホットショコラにチョコレートパフェと、充実のカカオワールドです。数あるパンケーキの中からこちらのパンケーキが目を引いたのは、そんなお店のテーマ性と結びついた、他店にはない個性でした。

生地はふわふわのスフレタイプ。甘さは控えた、すっとしたショコラ風味です。バナナと、濃厚なチョコレートソース、ホイップクリームは標準でデコレーションしてありますが、ここにお薦めのショコラアイスをトッピングしました。少し苦味も感じるような大人のショコラという印象で、あっという間に食べ終えてしまいました。

味もさることながら、こちらで魅力的に感じたのは、赤坂見附という立地にもマッチした遊び心やわかりやすいコンセプトです。ショコラには元々、バレンタインのイメージからなのか、色恋やときめき、アバンチュールのイメージがあるのは私だけでしょうか??こちらのお店では、そんな連想をさせるような“ワインとショコラのマリアージュ”という色っぽい提案があります。都心の駅近で夜に甘いものとお酒が愉しめる、つい最近そんなお店がないか探していたところですが、こちらはまさにそれを叶えるパティスリーでした。

最近は男性にも甘党が増えている様子ですが、まだまだスイーツ専門店の扉を叩くのはハードルが高く、ついコンビニで甘いもの欲を満たしてしまうという話も聞きます。確かに紅茶にケーキは人目が気になってしまうかもしれませんが、赤坂でワイン片手にショコラなら、悪くないかもしれません。

 

■DEL'IMMO(デリーモ)
住所:東京都港区赤坂3-19-9
電話:03-6426-5059
営業時間:11:00〜21:00
日曜定休
http://www.de-limmo.jp
(Text & Photo by 山田美奈子)

 

 



 

▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.