株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


昨年7月に浅草にオープンしたこちらのお店は、知る人ぞ知るショコラの巨匠である上野博史シェフが手掛けるパティスリーです。ベルギーでヴィタメールをはじめ18年間パティシエとして活躍し、7年前、日本に帰ってきてからも、様々なお店でご指導をされていたそうです。ご指導された方の中には、今では大変有名なショコラティエの方もいらっしゃるそうで、お話を伺うほどに御菓子への期待が高まるばかり!

友人が「おいしそう」と言いながら焼き菓子を選んでいると、「おいしそうじゃなくておいしいのよー」と他のお客様から。みなさんここが大好きで集まってこられるんでしょうね。まさに人と人との繋がりを大切になさっているシェフの人柄を感じられる光景でした。五線譜の上に店名を音符のようにデザインした看板の最後のリピートマークには、お客様がリピートしてきて下さるようにという願いを込めてつけられたそうです。

人気はモンブラン。閉店間際にお伺いしたので、売り切れでした。次回は御取り置きしてもらってリベンジしたいです。

そろそろバレンタインなので、チョコレートも気になります。この日おすすめしていただいたスベキュローズチョコはスパイスがきいているので大人の男性に喜ばれそう。ウィークエンドショコラは小さなパウンドケーキのようですが柔らかい口どけで、チョコの風味の広がりがたまりません。バレンタイン期間中はシャンパントリュフを銀座松屋さんでも買えるそうです。まずは、本格ショコラティエのチョコレートをバレンタインの贈り物の候補にいかがでしょうか。

(text & photo by 牧野智子)

■スイーツスタジオ ベルノート
東京都台東区浅草3-38-5
TEL:03-5603-0037
営業時間:10時から20時 
水曜定休(月1回水・木連休の場合あり)
http://bellenote.blog.fc2.com/






昨年あたりから銀座の西五番街がチョコレート通りと呼ばれているらしく、その「通り」を作り上げている一つ、「Joel Durand」を訪れてみました。ショコラティエのジョエル・デュランは、フランス最優秀ショコラティエに授けられる「クラブ・デ・クロクールド・ショコラ」を史上最年少で受賞。フランス・プロヴァンスの本店以外では銀座店しか店舗がない、その店頭に並ぶチョコレートはジョエル・デュラン本人が一粒一粒作り、空輸されます。今回は2階のカフェで、フランスの大人のパフェ、「リエジョア」をいただいてきました。

店内はそこここにチョコレートのオブジェやプロヴァンスらしい雑貨が置かれ、気分が盛り上がります。リエジョアは7ヶ月連続で新作を発表しているとのことでしたが、今回はオーソドックスなブラックチョコのリエジョアを。リエジョアはプロヴァンス本店では扱っておらず、日本のこの銀座店でしか食べられないということで大変期待していましたが、その期待をぐんと上回るおいしさでした。カカオの深みとほろ苦さが調和し、大人パフェならではの奥行きのある甘さ。チョコレートの繊細な甘さを損なわないように、生クリームはなんと無糖。中程にはコーヒーシロップやキャラメリゼされたアーモンドクランチが味に変化をもたらします。さすが天才ショコラティエのパフェ!リエジョアのてっぺんには、チョコレートが一粒載っているのですが、これを最後のお愉しみにとっておくのもおすすめの食べ方です。

他にもすみれや塩キャラメルなど魅力的なリエジョアがたくさんあり、どれもとっても美味しそう。充実のランチメニューもとても魅力的です。チョコレートにはそれぞれアルファベットがあしらわれているので、組合せてメッセージすればギフトにもぴったりです。バレンタインが近づき、チョコレート気分が盛り上がってくるこの時期に、とっておきのおすすめです。

(text & photo by 近藤祐子)

■ジョエルデュラン銀座本店
中央区銀座5−5−8西五街坂口ビル1・2F
TEL:03-6251-9707
営業時間:1F 11:00〜21:00
カフェラストオーダー 20時(年末・年始を除く) 
年中無休
http://www.joeldurand.jp/index.ht
ml

 

 





▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.