株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


今年5月、代々木上原の駅からすぐの井の頭通り沿いに素敵なパティスリーがオープンしました。東京・調布の名店、「サロン・ド・テ・スリジェ」のシェフ・パティシエを長年務めた和泉光一氏のお店、「ASTERISQUE」(アステリスク)です。ケーキが絶品なのはもちろんのこと、パフェも素晴らしいらしいという話を聞き、訪れてみました。

お店のドアを開けると、まず目の前に大きなガラスの向こうで和泉氏が丁寧にケーキを作っている姿が目に飛び込んできます!美しく並んだケーキに激しく目移りしながらも、何とか選んだのは「パルフェメ」というケーキと、お目当てのパフェ。パフェは季節のアイス4種から好みの2種を選べるのですが、今回はバルサミコのアイスとバジルをチョイスしました。

店内には6席ほどのイートインスペースがあり、コーヒーなどもいただけます。待つ間には、お店の奥の厨房でパフェが作り上げられている様子が見え、期待が高まります。待つ事数分、器に丁寧に盛りつけられたパフェが登場!もうこのパフェがおいしくてびっくりしました。

瑞々しい巨峰とフレッシュなラズベリーの下に、期待のアイスクリームが。バルサミコはフランボワーズのジャラートのようなさっぱりとした甘酸っぱさが食べやすく、反対にバジルはバニラベースで優しい甘さの中に、ほのかに薫るバジルがちょうど良いアクセントになっています。パイも生クリームも全てが美味しくバランスが良く、これで600円とは本当に驚きです。

ケーキは生姜とライムとオレンジ風味ということでしたが、こちらもほのかに広がる生姜の風味が大人のデザート、といった趣です。甘さも抑えめで食べやすく、男性にも喜ばれそうです。

ケーキは他にも20種類ほどあり、世界大会に出品したものや、見た目がコロッケみたいだからと名付けられた「コロッケ」など、確かなクオリティのなかに遊び心が感じられ、選んでいるだけで笑顔になってしまいます。アントルメやシフォンケーキ、プリンも並び、土日はこれに加えてキッシュが登場します。フルーツは山梨や長野から直接仕入れていて、これから秋の深まりとともにケーキのラインナップもどんどん変わっていくとのこと。

明日にでもまた来ます!!と言ってしまいそうなほど、どれもこれも魅力的なケーキ達。季節毎に訪れて、和泉シェフの心のこもったできたてのケーキをいただくという贅沢なひと時を過ごしたくなる素敵な素敵なお店でした。

■ASTERISQUE(アステリスク)
東京都渋谷区上原1-26-16
タマテクノビル1F
03-6416-8080
営業時間
ショップ 10:00〜20:00
カフェ 10:00〜19:00(LO)
定休日:月曜
http://www.asterisque-izumi.com/index.html

(Text&Photo by 近藤祐子)






その昔、和菓子職人であった、今は亡き義祖父の「和菓子は甘くすれば良いものではない。素材本来の味を壊さず、その甘さを引立たせるだけの甘みで良い。実に奥の深い食べ物である。」と言っていたのを思い出し美味しい和菓子が食べたくなり、一度伺いたいと思っていた埼玉県春日部市にある『和生菓子 細井』さんを訪ねてみました。口コミで大評判の、隠れた人気店です。

県道42号沿いの長閑な田園風景の中にある、ひっそりとした佇まいです。休みは不定休、看板は無く赤い幟が立っていれば営業中です。赤い幟が無ければ見過ごしてしまうほど、本当に普通の民家です。広い敷地内に、白い暖簾の掛った引戸、ここがお店です。

シンプルな店内は、ソファーと壁に飾られた凧、和菓子が並ぶ小さなショーケースとレジ、洗面台が備えられており、優しさと気遣いを感じます。

ご主人は、若いのに腰の低い方で口数は少ないですが丁寧で誠実な接客態度に好感が持てます。写真を撮っても良いですか?と尋ねると、嫌な顔ひとつせず承諾して下さり撮り終わるまで奥に入り待ってて下さいました。こちらが恐縮するほどの心遣いです。

昼過ぎに伺ったのですが、既に売切れの和菓子もあり残念でした。今回は、栗茶巾・芋きんつば・黒豆大福・どら焼きを頂きました。

栗茶巾/栗本来の甘さが活されています。中の餡は水分多めのこしあんです。餡の甘さは控えめ、栗の旨みを邪魔せず口どけが滑らかです。

芋きんつば/きれいな紫のさつまいもの皮が、粒々と混じり芋の甘みを上手く引出しています。とても丁寧に濾したのが良く分ります。

黒豆大福/上品な甘さの粒あん、黒豆の香ばしさと食感、それを包む餅のふんわり感とが最高に合っています。

どら焼き/ふっくら、しっとり、薄いきつね色に焼き上げた皮はほど良く甘く洋菓子のような感じです。餡は、とろ〜り艶っと炊き上げられています。小豆の味と食感を損なわず絶品です。粒あん好きにはたまらない美味しさです。皮と餡のバランスが良く、口当たりが楽しいです。

どの和菓子も素材を活かし、一つ一つ丁寧に作られています。ご主人の人柄の良さ、和菓子への愛情が感じられます。好みは人それぞれですが、満足感が得られる和菓子だと思います。好みにぴったり合った方は、幸福な時間が味わえるはずです。和菓子の旨さを再確認させてくれ、足を運ぶだけの価値のある和菓子店でした。


■和生菓子 細井
埼玉県春日部市上金崎18
TEL:048‐746-2703
定休日 不定休
(text&photo by 加藤 昌子)

 

 





▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.