株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 

戸隠山や白馬岳などの山々に囲まれ、1400年の歴史を誇る善光寺がある長野市。情緒漂う善光寺表参道の脇道を入ったところに、シェフお1人で切り盛りしている、洋菓子店「パティスリー・カーズリー」があります。

控えめな落ち着きのある店内。焼菓子・ケーキの並んだショーケースに、3席のカフェコーナ。早朝からシェフがたった一人で作ってらっしゃいます。私が伺った時も早い時間でした。一人、奥の厨房でテキパキ作業をしていらっしゃる姿がとても印象的でした。とても元気で気持ちのよい女性シェフ、大日向和美さん。

和美さんは長い間「パークハイアット東京」で修行されていたそうです。その時の師匠が、春日部市にあります、あの「菓子工房オークウッド」の横田シェフとお聞きし驚きました。横田シェフの元で修行を終え、地元長野にお店をオープンする際に、「善光寺に近い場所だから、信州らしい洋菓子を・・・」と考案されたのが、信州ならではの蕎麦粉を使った「蕎麦シュークリーム!」

見た目は普通のシュークリームですが・・・蕎麦の実がシューの皮に散りばめられ、クリームの中にもたくさん入っています。シューの皮はカリット硬め、蕎麦の実の香ばしさがアクセントに!
ぎっしりのクリームは、生クリーム・カスタードクリーム・蕎麦粉・蕎麦の実・・・蕎麦の味は主張しすぎず、甘いクリームをほどよい甘さにしてくれています。そして、クリームの中の蕎麦の実はシューの皮のとは違い、フワフワプチプチ?!おもしろい食感です。甘いものが苦手な方でも、美味しく何個でも頂けちゃいます。

シュークリームを頂いている時に、焼きたてのシフォンケーキがショーケースに陳列されました。よく見ると・・・蕎麦シフォンケーキ!!これも頂いてみました。ふんわりしっとりの蕎麦風味の生地。バターを使ってないそうです。シンプルな材料で作るからこそ蕎麦の繊細な香りが活きるんですね。

地元を愛するシェフの気持ちから生まれた、蕎麦シュークリーム。歴史ある善光寺、絶景の雪化粧の山々、自然豊富な長野。お腹も心も満たされに、行ってみてはいかがでしょうか。

■パティスリー・カーズリー
長野県長野市岩石町342
TEL026-237-3535
営業時間 10:00〜18:00
定休日 不定休

(text&photo by 西村千晶)






キャンティのチーズケーキが美味しい。チーズケーキの美味しい店はいくつかあるが、その中でも特徴があって、『キャンティらしい』のがフィアドーネ。やや酸味のあるまろやかなチーズケーキは、甘すぎず…コーヒーや紅茶も良いですが、白ワインなども合いそうな美味しさ。チーズケーキの美味しい店はいくつかありますが、その中で似た味の少ない、キャンティならではの美味しさです。

イタリアンレストランのケーキは、個人的観測ですが、しっかりと美味しいケーキが特徴に思います。(プリンなどもしっかりと美味しい!)飯倉のキャンティのケーキもしっかりと美味しくオススメ。シンプルでありながら素材の美味しさを引き立てるのは料理もお菓子も同じなのでしょう。

ケーキという完成品を食べるというより、美味しい素材が最後にケーキになって出てくるそんな印象です。

写真下からフィアドーネ 525円/ラズベリークリームタルト 683円/フロマージュブラン 578円

■キャンティ 飯倉本店
03-3583-7546
東京都港区麻布台3-1-7
営業時間11.30〜22:00
定休日 無休
http://www.chianti-1960.com/index.php

(Text & Photo by 武井みゆき)

 





▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.