株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


フランス菓子の店『ArchaIque』。

「ArchaIque (アルカイク) 」=古典的な、という意味だそうです。埼玉高速鉄道の東川口〜戸塚安行間の駅から少々離れた住宅街にあります。

こちらのシェフ、高野幸一さんは「シャトレーヌ」 「クレモン・フェラン」「オーボンヴュータン」で修業、渡仏、帰国後 「Archaique 」を川口市戸塚にオープン。流行りに流されない独特の世界観をお持ちです。

店内は暖かな優しい雰囲気、フランスを意識されていて好い感じにまとめられています。正面のショーケースには、様々なケーキ、目移りしてしまいます。沢山の焼き菓子、チョコレート、コンフィズリ、ヴィエノワズリ、マカロン、パンと豊富イートインスペースもあります。

あまりの種類の多さに、選ぶのに時間が掛ります・・・が、この時間もまた至福の時♪

迷いに迷って選んだケーキ3種類。

フロマージュ クリュ(写真:左)
フロマージュムースが最高の出来、美味しいチーズケーキ。薄めでビスケットのようなタルト生地に下から、イチゴジャム、レアチーズのフロマージュムース、ピスタチオ。濃厚で上質なコクのあるレアチーズムース+ミルク感。溶けるのではなく、まったりと口の中に広がる。優しい味わい、まろやかさに感激。流石、北海道とフランスで修業され、両方の良いところを融合させた、チーズケーキ好きにはたまらぬ絶品です。

キャラメル サレ(写真:中央)
名前の通り、キャラメルと塩のケーキです。スポンジの間の、塩気を効かせたキャラメルバタークリーム。スポンジだけ食べると、しょっぱいと感じますが、上に掛ったキャラメルソースと一緒に食べると程良い甘さです。ほのかな塩気が甘さを引き立ててくれる様です。実はこのケーキ、甘い物は食べないという甘い物嫌いの知人に「うまい!!これなら食べる」と言わせた、驚愕の一品です。

アルカイク(写真:右)
店名と同じネーミングのケーキです。しっとりした生地に、たっぷりのアーモンドダイスが入り、洋酒が使われていて、苦味があります。アプリコットのコンフィとアーモンド風味のクリーム。アプリコットの酸味が丁度良いアクセントとなっています。生ケーキ!?・・・焼き菓子!?・・・ザックリとした食感が印象的です。

こちらのお店のケーキはクリームが濃厚、適度な重さがあり、スポンジはぎゅっと詰りしっとり感があります。焼き菓子の評価も高く、正統派、伝統的なフランス菓子を丁寧に作られていてレベルが高く、大人の方にお勧めです。埼玉県川口市にお越しの際には、是非立ち寄って頂きたいお店です。

 

■ ArchaIque
埼玉県川口市戸塚4105
ヴェルデクレマーチス 1F
TEL: 048-298-6727
定休 木曜(祝祭日は営業)
http://www.deli-cake.com/shop/11/

(text & photo by 加藤昌子)





2011年9月に日本上陸を果たしたChikaLicious NY amarige。本店はニューヨークにあり、デザートバーという形態はニューヨーク初、しかも日本人女性の千加・ティルマンさんがパティシエという話題性のみならず、ZAGATにも取り上げられるほどの実力もあり、NYでは行列ができるほどの人気店だそうです。お店のコンセプトを表す“amarige”は、日本語の「甘い(amai)」とスイーツに相性の良いお酒との「マリアージュ(mariage)」を組み合わせたもの。コンセプトの通り、デザートだけで構成されるコースをシャンパンやワインで楽しむ、というのがメインのお店ですが、テイクアウトのスイーツも魅力たっぷりです。

今回は一番人気というNYカップ・ケーキをいただきました。フレーバーは抹茶あずき、レアチーズ、チョコレートをチョイス。カップケーキというネーミングから、トッピングの下はパウンドケーキかなと想像していたのですが、間違いでした。これはトールカップに入ったケーキです!

トッピングの白玉が目を魅く抹茶は、抹茶のほろ苦さが効いている大人な味。クリーミーな口当たりのムースに、食べ進めると出てくる軽い口当たりのスポンジや少し固めの抹茶ゼリーの食感も楽しい。

白くてつるんとした表情がかわいらしいレアチーズはドーム型の部分が固めのムースで食べ応えがあります。甘さを抑えたレアチーズムースの中にはベリーのソースが何層にも入っていて、味の変化が楽しめます。

チョコレートは本当に濃厚!上からしたまでぎっしりチョコレートムースで、途中で出会うライスパフの歯ごたえがアクセントです。ムースがふんわりしているので、カカオの薫りにうっとりしているうちにぺろっと食べられてしまいます。

現在は上記の他に苺のショートケーキの4種類のラインナップですが、今後季節やイベントに合わせてアイテムは随時変えていく予定とのことで、新作も楽しみです。NYカップ・ケーキの他にはNYチカリシャスのカップケーキ(こちらは正統派のカップケーキです)に幻のバターとも言われるカルピスバターを使用したミニサイズのカップケーキセットや、自宅で電子レンジで温めて食べるフォンダンカップケーキがあります。

オリジナルデザインのカップに入っていて食べやすく、たくさん並べておくと場が華やぎ、サイズ感もちょうどいい。テイクアウトボックスもおしゃれなのでホームパーティーやちょっとしたお土産にもおすすめです。

次回は是非、デザートコースに挑戦したい!と夢が膨らむカップケーキでした。

 

■ChikaLicious NY amarige - sweets bar
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYREビル4階
TEL:03-6418-8015
営業時間:
Sweets Bar/14:00 〜 23:30(日曜、祝日は 22:30まで)
(ラストオーダーは閉店1時間前)
Patisserie/11:00 〜 19:00
定休日:
Sweets Bar/月曜 
Patisserie/無休(ビル休館日を除く)
http://www.amarige.jp

(Text & Photo by 近藤祐子)

 





▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.