株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


「Patisserie de bon Coeur(パティスリー・ドゥ・ボン・クーフゥ)」。松屋銀座でその存在を知ったお店なのですが、ケーキや焼き菓子の姿が、とにかく独創的でアーティスティック。そのセンスに、一瞬で心が奪われました。焼菓子専門の別ブランド「Le Coffret de Coeur(ル・コフレ・ドゥ・クーフゥ)」の店舗は白金や湘南にあると聞き、さもありなんと思われましたが、本店の「パティスリー・ドゥ・ボン・クーフゥ」は、なんと、庶民の街・武蔵小山にあるとか!

とても気になり、武蔵小山の本店を訪れました。

お店は、武蔵小山の賑やかな商店街から少し離れた場所に、静かに、しかしそのハイセンスな外観ゆえに、ただものではないオーラを放って存在していました。大きな扉を引いて店内に入ると、そこはまるでギャラリースペース。美しいデザインの生ケーキやパウンドケーキ、焼菓子が、クールなインテリアの店内に丁寧にディスプレイされていました。すべてがキラキラと輝いて見え、かたっぱしから買いたい衝動にかられましたが・・・

悩みに悩んだ結果、今回は、クリスマス限定「リース型のパウンドケーキ」を購入!クリスマスリースに見立てたパウンドケーキに、木の実やドライフルーツ、ホワイトチョコレートなどが飾られた、なんとも華やかで気分の高揚するケーキです。箱を開けるとパッと広がるバターの香りが。ほのかに甘酸っぱいフランボワーズの生地がとてもおいしいパウンドケーキでした。

お店では、定期的にケーキ教室が行われているほか、お酒とケーキ・食事を愉しめる「週イチBAR『夜の洋菓子店』」、「ワインとチーズとケーキの会」、「新作コレクション」など、わくわくする催しがたくさん!これから足繁く通い詰めてしまうであろう、魅力あふれるお店です。

■patisserie de bon coeur(パティスリー・ドゥ・ボン・クーフゥ)
東京都品川区小山3-11-2
TEL:03-3785-0052
11:00〜20:00
(B1カフェは19:30ラストオーダー)
http://dbc.apartment-key.com/

(Text & Photo by 大町友美)






今年でオープン一周年を迎える、パティシエ・ヒロヤマモトさんは、日本人初となる、飴細工フランス大会(ガストロミック ディジィン他)で受賞歴をもつパティシエです。お店は都営新宿線篠崎駅より徒歩5分ぐらいの住宅街の中にあります。

シェフお薦めのケーキは、ミルフィーユ(450円)です。サクサクの生地を作るのに5日間掛るそうです。通常生地の中にバターを包んで作るのですが、こちらのお店ではバターの中に生地を包むので、一日一回しかのばす事が出来ないそうです。時間を掛けて作る生地は、サクサク感が持続するそうです。実際食べてみると、本当にサクサクしていてクリームとの相性も良く美味しく頂きました。

ナッツにこだわって、12月に新作で販売されたピエモンテ(450円)は業界紙の表紙にもなったケーキです。商品名でもあるピエモンテ産の高級ナッツ(ナッツの王様)を生地の中にも、飾りとしてもふんだんに使用してあります。口の中にナッツの香りが広がって、ナッツ好きにはたまらない商品です。

子供から大人まで好きな人が多いシューパリジャン(200円)は、クリームにこだわりがあり、クリームを食べた後に口の中に残る粉っぽさが残らないそうです。また、甘い物が苦手な方にお薦めのガトーショコラ(こちらの商品は、子供にも人気だそうです)や材料にこだわった、マカロンなど何種類物のお薦め商品が沢山あります。

店内で食べる事も出来ますので、シェフお薦めのケーキをその場で食べてみてはいかがですか?また、毎月何種類かの新商品も出るそうです。

■パティシエ・ヒロヤマモト
東京都江戸川区篠崎町1-403-11
ピラトゥス篠崎1号室
TEL:03−6638−6751 
営業時間10:30〜19:30
定休日:毎週水曜日(祝日を除く)
(text & photo by 中川房子)






▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.