株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


暑い夏も終わり、木々が色づく季節が近づいてきました。円高の今、長い夏休みを海外で過ごす方も多かった事でしょう。

今や海外旅行の定番の名物土産となったマカデミアナッツチョコレート。今回はハワイからこのマカデミアナッツチョコレートの老舗『Menehune Mac(メネフネ・マック)』をご紹介します。メネフネ・マックは1939年に設立された、ハワイの中では一番古い工場を持っているお店です。工場は店舗と隣接しており、店内からガラス越しに中の様子を見る事が出来ます。また、工場見学ツアーも随時開催しており(要予約)、社長の楽しい解説を 聞きながら実際にチョコレートを詰めたり試食したりする事が出来ます。

メネフネ・マックのこだわりは『ハワイ産』と『手作り』。 ハワイではどこにでも売っているマカデミアチョコですが、実はハワイ産のナッツを使用している物は非常に珍しいのです。 このナッツをふんだんに使い、ひとつずつ手作りで丁寧に作っているここのチョコは、もはや定番土産のチョコではありません!別物です! 一口食べれば誰もがその違いに気付きます。 チョコにはコクがあり、ハワイ産のカリッと香ばしいナッツと相俟って本当に美味、です!! また、箱のパッケージにもかなり力を入れています。マカデミアチョコの箱の愛くるしいキャラクターは“メネフネ君”。メネフネとはカウアイ島に住む働き者の小人の精霊の事で、数多くの伝説は今でもハワイで語り継がれています。 隠れメネフネ君ファンもけっこういる様で、メネフネ君グッズも販売しています。 チョコは別注オーダーも可能でパッケージやラッピングはカスタマイズ出来ます。 通常ラッピングを考えるのは全て女性陣の担当だそうで、店内には可愛いディスプレイがたくさん飾ってあります。これもまたひとつずつ心を込めてラッピングしてくれます。

店内で販売されている何種類ものチョコレートは、とても嬉しい事に全て自由に好きなだけ試食できます!!用意された日替わりのお茶(この日はマンゴーティー)を飲みながら、どれを買おうかじっくり選べます。 日本人女性に特に人気なのがマカデミアナッツチョコには珍しいホワイトチョコのPineappleSnow(パイナップルスノー)。名前の通り、雪の様に真っ白なチョコレートはパインとマカデミアナッツ入りで爽やかな酸味と程好い甘さは後を引くおいしさです。 ロコに人気なのはアラレチョコレート。醤油の風味が際立つ煎餅入りです。 他にも糖尿病の人も食べられるシュガーフリーのチョコなどユニークなフレーバーばかり。

ハワイ旅行に行かれる方は是非、ワイキキから少し足を延ばしてこちらへ立ち寄ってみて下さい。 楽しくて美味しい思い出作りがきっと出来ますよ!!

■Menehune Mac 707A Waiakamilo Road Honolulu,Hawaii 96817
TEL 808-841-3344
8:00〜17:00(月〜金曜) 9:00〜14:00(土曜) 定休 日曜
http://www.menehunemac.com

(text & photo by 田中美幸)







味噌やぬか漬け、こうじなどの発酵食品に含まれる「酵素」が、いま注目を集めています。でも私を含め、「酵素ってナニ?」と思う人は多いはず。調べてみたところ、酵素とはおもに消化を助ける物質なのですが、それだけではなく、栄養素をエネルギーに変える物質でもあるそうです。つまり、人が生きていくには、どうしても酵素が必要!とても大切な物質なのですね。

そんな「酵素」に魅せられたフードスタイリストの飯島奈美さんによって、このたび、酵素についてのエキシビションが開催されました。映画「かもめ食堂」などの魅力的なフードスタイリングで有名な飯島さんだけあって、エキシビション内容も楽しい!

飯島さんのアトリエキッチンが再現された会場内には、大瓶に仕込まれた「塩麹」と「一升漬け」がドーンとディスプレイ。レジで「はっこう食券」を購入すると、飯島さん手作りの塩麹や一升漬けを使った一品や、酵素ドリンク(旬の食材や野草を発酵させたシロップのドリンク)などがいただけます。映像で流れる、飯島さんが自然のなかでノビノビと酵素ドリンクを仕込む姿を眺めていると、「酵素っていままでよく分からなかったけど、すごく体に良さそう!自分でも仕込んでみたい!」と思えてきます。

今回のエキシビションで私が注目したのは、「酵素ドリンク」です。旬の食材や野草を何種類〜何十種類も集め、ひたすら刻み、砂糖に漬けて、数日かけて発酵させる。簡単にいうとそのような製法なのですが、実はとても複雑で繊細な作業なので、独学で作ることは難しいとの声もあります。仕込む時期は、基本的に、食材にパワーのある「春」と「秋」のみ。食材は自分の生活する土地のものを選び、自分の素手でかきまぜながら発酵させることで、自分の常在菌を入れ込み、自分の体に合った酵素を作り上げます。そうして、春の食材のパワーが詰まった「春の酵素」を毎日少しずつ飲み続けることで春夏を乗り切り、夏が終わると今度は「秋の酵素」で秋冬を乗り切る。・・・酵素ドリンクには、自分の体、ひいては命を支えていく要素が詰まっています。仕込みは大変そうですが、ぜひ作ってみたいドリンクです。

 「酵素は生き物。その生き物が自分の体を助けてくれていると感じている。昔からある日本の発酵食品を見直し、今回紹介する発酵食品もぜひ食卓に取り入れていただけたらうれしい」との、飯島さんのコメント。簡単に影響されやすい私は、さっそくぬか漬けと塩麹作りをスタートしてみました!みなさまもぜひ、いかがでしょうか。

■『 ナミノ菌とはっこう団 』
2011 9/16(金)〜10/2(日) 12:00〜20:00 入場無料(酵素FOOD試食券¥500)
http://public-image.org/pickup/2011/09/16/naminokintohakkodan.html
■会場:food×art space by ROCKET
東京都渋谷区神宮前6-9-6
tel: 03-3499-1003

(text&photo by 大町友美)






▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.