株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


スイーツ激戦区の自由が丘で、九品仏川緑道の一本裏通りにたたずむパティスリー・シンプルモダンマクロビオティックは、その名の通り動物性原料と白砂糖を使わない、オーガニック(有機栽培)の植物性原料にこだわったパティスリーです。種々のグルメサイトでも評価が高く口コミもたくさん。とはいえ、白砂糖はともかく生クリームや卵を使わないケーキ…、実はあまり期待しないで訪ねたというのが正直なところでした。

折しもお昼過ぎ、まずはがっつり「玄米おむすびプレート」をオーダー(笑)。ころんとかわいい(と見えて意外とボリューミーな)玄米おむすびは塩、胡桃醤油、鉄火味噌の三種で、玄米のぷちぷち感と胡桃や味噌がなんともいえず美味しい。ポットでたっぷりサービスされる有機三年番茶もよく合います。

食後は本題のスイーツ。バナナとマンゴーがたっぷりちりばめられた写真の「ビーミングスマイル」をチョイスしました。頂いてびっくり、レモンの風味爽やかな、でもきちんとコクもあるソイクリームは、豆乳の独特の風味が苦手という向きでも絶対に「豆」感を感じないと思います。驚異です。しっとりもちもちとしたスポンジとの相性も抜群。おにぎり三個完食直後でなければ他のケーキももう一つ二つ食べてみたかったほど。

こんなに美味しいスイーツを平らげておなかいっぱいになっても、素材はマクロビ、もたれた感じも「あーこんなに食べちゃった…」という罪悪感もないのが素敵です。地球と人にやさしい「グレイスフルスイーツ」がこのお店の目指す形とのこと。実際に頂いてみると「グレイスフル」というフレーズがすとんと腑に落ちました。

そうそう、この日もでしたが、お菓子教室が催されている間はイートインスペースはクローズです。周りにセンスのいい雑貨屋さんが点在しているので暇つぶしには事欠きませんが、念のため事前に確認してから行かれることをお勧めしますね。

 

■ パティスリー・シンプルモダンマクロビオティック
東京都世田谷区奥沢5-26-2 クレッセントビル1F
TEL 03-6459-5517
定休 不定 (年末年始をのぞき年中無休)
http://simplemodernmacrobiotic.com/
(text & photo by 菊池和美)







青山のビルの上にAtoZというカフェがある。あの奈良美智さんの作品の小屋がカフェの中央にあり、周りの席もかなり素敵なカフェ。ビルの五階というのを忘れさせてくれる。奈良アートという偉大さを、なんとも言えない懐かしい温かさの中で感じるカフェです。(なんて贅沢!)

このカフェ、スイーツメニューが和風でなかなか心地よいのです。きなこと黒糖のパフェには生麩が入っていて、生麩のもちもち感が嬉しい。その他にも「わらびもち」や「抹茶パフェ」なと…和風スイーツがならびます。きなこや黒蜜、生麩の美味しさを再認識します!

奈良さんの作品からのオーラを感じながら、まったりとカフェする。ご飯ものもスイーツも、日本の素材をいかして作ってます。日本の素材をいかしてるメニューを見ると心が和むのは、いつからだろう?そんな真面目な事も、まったりとした空間に「まあいっかぁ〜」とただ居心地の良さにリフレッシュできるカフェです。

店内の空間は、本当に素晴らしい♪脳内リセットに、和スイーツとともにおすすめです!

■A to Z cafe (エートゥーゼットカフェ)
東京都港区南青山5-8-3 equboビル 5F
Tel:03-5464-0281
営業時間:月〜木・日・祝/11:30〜23:30
     金・土・祝前日/11:30〜23:30
http://atozcafe.exblog.jp/

(text & photo by 武井みゆき)







▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.