株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


強い日差しが降り注ぎ、コンクリートの照り返しも相まって、東京の夏は本当に暑いです。なかなか外を出歩く気にもならないと思いますが、そんな暑い中だからこそ楽しめるのが、今回ご紹介する「森乃園のほうじ茶ソフトクリーム」です。

下町風情の溢れる日本橋人形町。江戸時代に尾張屋の甘酒が大人気だった事に由来してつけられた甘酒横町というなんとも風情のある通りにそのお店はあります。森乃園は大正三年創業のほうじ茶専門店です。店頭で焙煎しているほうじ茶の香りに気分が盛り上がります。

メニューは2種類。シンプルにソフトクリームのみと、甘納豆と白玉が載ったもの。今回は甘納豆と白玉バージョンを選びました。ソフトクリームの色はもちろんほうじ茶色!抹茶ソフトは良くあるけれど、ほうじ茶って・・・?と思って一口食べてみると、おいしい!抹茶よりもさらりとしていながらも、ほんのりと残る苦みと、ふわっと広がるほうじ茶の香ばしさ。これはまさに“ほうじ茶”ソフトクリーム。結構なボリュームがるのですが、甘過ぎないし、途中で食べる甘納豆と白玉が良いアクセントになって、あっという間に平らげてしまいました。本当にほうじ茶の味がして美味しいのでお店の方に伺ってみたところ、オリジナルでほうじ茶ペーストを作って、練りこんでいるそうです。

冬に食べるソフトクリームもそれはそれで好きですが、なんといっても夏の暑い中で食べるのが最高!お散歩に疲れたら一休みするのにお勧めです。どうしても暑いのが厳しい方は2階が喫茶になっているので、そちらでもほうじ茶かき氷やほうじ茶ビール(!)が楽しめますが、なんといってもお勧めはソフトクリーム。こちらは1階の店頭販売のみなので、是非暑い中で召し上がって頂きたい一品です。

 

■ 自家焙煎ほうじ茶の店 森乃園
東京都 中央区日本橋人形町2-4-9
TEL: 03-3667-2666
定休 なし
http://morinoen.jp/
(text & photo by 近藤祐子)







東京タワーの程近く、当社近くにステキなカフェがあります。体に優しい、そして美味しいお料理。「つなぎ」をテーマに繰り広げられます。空間デザイナーで有名な岩本勝也さんのデザインによるエコ感たっぷり、端材を組み合わせた空間が見所。オーナーご夫妻が考えられていた店名「ツナグ」とデザイナー岩本氏が提唱される「つなぐ」が運命的に出会ったそうです。木の温かさに包まれた優しい時間、癒しの空間です。

そんなステキなカフェより粉から作っていただける、手作り「あんみつ風わらびもち」のご紹介です。オーダーすると、「少々お時間いただきますが・・・」のお声。その間は是非、壁やイス、テーブルをまじまじと見つめるのも楽しいです。端材の集まりですから!「へぇ〜」と楽しめますね。また、イスの座り心地が特にオススメ!

あっ。きましたきました。わらびもちの上にはアイスとつぶあんが。粉からのわらびもち。独特のごろごろ、ぷりぷりっといった食感がなんともいえません。 どんなものとも相性の良いわらびもち。だからこそ、素材の良さが求められるのではないでしょうか。わらびもちからも「つなぐ」を感じずにはいられない。空間の良さもプラスされ、なんとも優しいお味でございます。 ホッと一息に是非どうぞ。

 

■ ツナグカフェ
東京都港区麻布台1-10-6
TEL: 03-6277-8279
定休 日曜日・祝日
http://www.tsunagu-cafe.com/

(text&photo by 多田楠実子)







▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.