株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > プランニング事業 > 月刊"TOKYO@EXPRESS"
 
 


商品管理センターのある埼玉県さいたま市、地元近辺では有名な「珈琲屋OB」という、お店に行ってみました。本店は八潮市にあり、その周辺を拠点にチェーン展開をしているまったりカフェです。口コミで面白いと噂になり、東京や神奈川からもお客様がいらっしゃるようです。外見はログハウス造りで、モミの木のクリスマスツリーがよく似合いそうな感じです。店内もゆったりとコーヒーを・・・そんな気持になれる雰囲気です。ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのお店はデザート・ドリンクのサイズがビックです。流行の先取りをされていたようです。

世間一般には、金魚鉢や花瓶と呼ばれているものがグラスです。コーヒーカップは、ビールジョッキーサイズです。これは、別に特大サイズがある訳ではなく、通常サイズです。でも最初は、ごく普通だったそうですが、お客様の喜ぶ顔を見ていたら段々と大きくなってしまったとの事です。オーナーのお客様に対して感謝の気持ちの表れのようです。

木の板で出来たメニューには、コーヒー類・ジュース類・デザート類などが手書き風のひらがなで書かれており、金魚鉢や花瓶が出てくるとは想像もつきません。何を頼もうか迷い、パフェとドリンクを注文しました。待つあいだ周りのテーブルを見ると、ラーメン丼?と思える程の大きな器のみつまめ・金魚鉢のアイスティー・ピッチャーのアイスカフェオレ・・・なんだか、とても楽しいです!!

来ました!来ました!存在感があります。うっ!「デカイ、デカイ」まさにその表現がピッタリです。パフェは、コーン・アイスクリーム・生クリーム・フルーツゼリーを可愛らしく盛り付けてあります。量はあるのですが、アイスクリーム・フルーツは普通の大きさですが、ゼリーだけが異常に大きく2cm四方のサイコロです。甘さは控えめ、ボリューム満点でもデザート大好きな方であれば軽く(?)完食でしょう。

日曜日の午後という事もあり、店内は友達同士や親子連れの楽しそうな声で、とても賑やかでした。店員さんの応対も丁寧で好印象、ついつい長居したくなります。お店により多少メニューが違い、グラスの形も違うそうです。本店にしかないパスタは美味しいと評判で、コーヒーは自家焙煎をしているので、コーヒー好きにはたまらないとも聞きました。今度は何に挑戦しようかなぁ〜とワクワクするお店でした。

■ 珈琲屋OB
埼玉県越谷市神明2-227-3
TEL: 0489-78-5633
定休 無

(text & photo by 加藤昌子)






今年の3月にオープンした二子玉川ライズ・ショッピングセンターも加わり人気の二子玉川ですが、同じく3月にバウムクーヘンカフェが玉川高島屋S・C南館3階にオープンしました。
あのユーハイムの「バウムクーヘンを新感覚で味わうカフェ」です。カフェできるお店も多い二子玉川ですが、その中でもオススメの一軒です。

メニューは
バウムくらべ¥735
バウムキャラメリゼ¥1,050
フレンチトーストバウム¥1,050
など、いつものバウムクーヘンとちがった味を楽しめます。

店内は、バームクーヘンを彷彿させる木の年輪をいかした内装がちょっと素敵な空間。やはり「お菓子には素敵な空間が欠かせない!」と改めて思う空間でした。フレンチトーストバウムは、バウムクーヘンをフレンチトーストするのが不思議なくらい相性が良いのです。卵・砂糖・バター・小麦粉。じつにシンプルな材料のバウムクーヘンだからこそフレンチトーストやキャラメリゼしたとき、さらに素直な美味しさが加わるのかもしれませんね。土日はまだまだ混んでいますが、席が空いていましたらぜひオススメのカフェです。バウムクーヘン好きになってしまうかも。(写真はテラス席のテーブルです)

■BAUMKUCHEN Cafe (バウムクーヘンカフェ)
東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋 南館3F
Tel:03-3707-3301
営業時間:10:00〜20:00 L.O.
http://www.juchheim.co.jp/

(text & photo by 武井みゆき)








▲PAGE TOP
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.