株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 
 


 

インジェクションというと「自動車の部品(燃料噴射部)」のような響きに聞こえますが、我々が扱うインジェクション(injection;射出成型)とはデザートカップなどに多く使われるプラスチック成型容器のことです。
 
樹脂成型は、金型にエアー圧で押し着けて型する「ブロー成型」と、金型に溶かした樹脂を注入して成型する「インジェクション成型」があります。この両者に大差があるのかと思われそうですが、結果は大差があります。インジェクション成型は、成型の自由度と寸法精度が精密、型がどんなに複雑(多角、曲面、凹凸)でも、成型することができます。結果フォルムデザインにこだわれる樹脂容器を作ることができます。 
皆様「QTTA(マルちゃん)」というインスタントラーメンを食べられたことがありますか。この容器、精度の高い二重構造になっていまして、廃棄するには惜しいくらいの「魔法瓶効果」が備わっているのです。そして、これこそインジェクション成型のなせる技なのです。
 
高品質のインジェクション成形に大切なのは、「成形機」「金型」「成形材料」の選択と、「成形材料温度」「射出圧力」「射出速度」の最適な組み合わせです。ここで、注意点をお話ししますと、大量生産にも、少量生産にも向きますが、金型製作費が高価であるという難点があります。
 
弊社では、普段からデザートカップなどの需要にお応えしておりますが、既製品はもちろん、成型トレーの特注品のご対応も可能ですので、異形なお菓子の仕切り、トレー、流し込みよう容器などのご用命がありましたら、どうぞご相談をいただけますようお願い申し上げます。



■マーケティング部  舘野

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.