株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 
 


 

以前は「通販」と言えば、カタログやテレビ通販が主流でしたが、昨今ではスマートフォンの著しい普及と大手のモール型ECサイトの影響もありインターネット通販が毎年右肩上がりで成長を遂げています。今年、経済産業省が公表した平成29年度の電子商取引市場の調査結果によれば、B to C(法人と個人での取引)市場規模は約16.5兆円と今後さらなる成長が期待されていて、業界問わず実店舗販売のみだった多くの企業も現在ではインターネット通販に参入が増えています。

もちろんお店に訪れて直接購入する方も多いですが、今後はインターネット通販が今以上に当たり前になってくるのではないでしょうか。また、最近では冷蔵、冷凍品の通販も爆発的に増えてきておりますので、今回は冷蔵、冷凍に優れた特殊な段ボール箱のお話をさせて頂きます。
 
まず冷蔵、冷凍品等の低温度を維持しなければならない商品を発送する場合、ドライアイスやビニール袋に入れた大量の氷が必要になり、それらを入れる発送用資材は一般的に発泡スチロール素材の箱が多いと思います。それは、発泡スチロール(EPS)の素材 特性 上、熱伝導性が少ない為、断熱効果が高く、
防水、衝撃に強いので、冷蔵、冷凍品の梱包資材として大変優れた商品だからです。通常の段ボール箱にドライアイスや水気が多い物を入れた場合、段ボール内部からふやけて箱自体の強度が弱くなってしまいます。

ですが最近、段ボールの表裏面に特殊な樹脂コーティングを施す事で耐熱、耐水、耐油、抗菌性に優れた商品があるのはご存知でしょうか。そのコーティング加工は段ボール印刷時に行なえる加工なので、価格も安価に抑えられます。さらに、表面にロゴやデザインも印刷できるので、オリジナルティ+実用に優れた高付加価値をつける事ができます。発泡スチロール並みの防水性はありませんが、アイスクリーム等の冷凍品にも実績がありますので、非常にお勧めです。そして、段ボール箱なので、発泡スチロールに比べ資材の保管スペースの軽減や、A式(ミカン箱タイプ)であれば型を作成しなくても、ある程度のサイズ調整が可能です。型を作成するならば作業効率とサイズを考えた て形状変更が可能なので(蓋・身の一体型等)メリットが多くなります。
 
通販市場の拡大にあたり、発送資材での他社との差別化や実用性の向上等をご検討の際は是非、弊社にご相談下さいませ。 時代のニーズに合わせた提案をさせて頂きます。




■生産管理部   中久喜 誠

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.