株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

湿気を防止する方法として、ガラス容器と金属缶容器が考えられます。しかしコスト面を考慮すると、中々菓子包材としての使用が躊躇されます。

そこで考えられるのが、個包装でも外装でも利用しやすいのがフィルムとなります。吸湿しないフィルムとして、PEやPPなどがありますが、多少なりとも湿気を通す可能性があります。もちろん、蒸着PETなどのハイバリア性を備えたものもありますが、 ここでは、一般的に使用されるフィルムでご説明させていただきます。一般的フィルムで、これを補うものが乾燥剤です。

乾燥剤として食品に使用されるためには、無毒・無害はもちろん吸湿力、吸湿速度吸湿容量が大きいことなどが上げられます。

代表的な乾燥剤を紹介します。
・シリカゲル・・・球体状で大きい表面積をもち吸着現象で湿気を吸収します。
・生石灰・・・石灰石を科学的に処理したもので、湿度により反応する自己調整型です。 シリカゲルより安価
・シート状乾燥剤・・・板状の紙に乾燥剤を浸透させたもの。

この中で弊社が得意とするのが、シート状乾燥剤です。これは乾燥剤の機能はもちろん 台紙状に加工するため、クッション性を兼ね備え間仕切りなどにも使用可能です。
又、大きさの面でもお好きなサイズに加工が可能で、お菓子に合わせた優しい素材です。

お菓子をおいしく作りたての味をお届けすべく、包装素材を含めご相談させて頂きます。 ご一報をお待ちしております。





■マーケティング部 石岡 昭

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.