株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

現在多く使用されている金属包装資材は、スチール及びアルミが主流です。スチールは主に缶コーヒー、缶詰で使用されており、和菓子業界では水羊羹などで活躍した時代もありました。しかし、取り扱い上重量があるため扱いづらい点などがあり、現在はPPなどのプラスティックに変わりつつあります。(一部材料に栗を使用した商品には遮光性を考え金属缶を使用しております。)ここでは、皆様方に馴染みが深いと思われるアルミについて紹介いたします。
アルミといっても、板状のものではなく厚さ0.2mm〜0.006mmまで圧延で薄く伸ばしたアルミ箔と呼ばれるものです。これを単体で使用するホイルケース、フィルムや紙に貼り合わせ使用する方法などがあります。アルミ自体遮光性、水蒸気、酸素ガスなどの遮断性があり、更に無味、無臭、無害と、中身の保護を含め非常に良い素材となります。又、アルミ箔は美しい光沢があり商品価値だけではなく、ディスプレイ効果も引き上げます。加工もし易く印刷、エンボス加工も簡単にできます。
 
こんな素晴らしい素材を利用した弊社商品を再度紹介いたします。紙とアルミを貼り合わせたアルミ箔紙、PETとアルミ及びPEを貼り合わせた製袋原紙(先に紹介した栗を使用した商品にも多く利用されるようになりました。これは遮光性にも優れ、取り扱いが容易だからです。)、アルミ単体のカップなど多種にわたりご用意できます。アルミ箔紙は4種類、製袋原紙は5種類ご用意しております。弊社既製品なので、それぞれサイズの対応、ロットの対応ができ貴社のご要望にお応えできると、信じております。この金属を使用した包材で貴社の商品を優しく包み、安全を確保してみては如何でしょうか。何なりとお問い合わせ頂けると幸いです。



■マーケティング部  石岡 昭

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.