株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making

111






 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

古くから誰にでも親しまれている、南蛮菓子カステラをはじめ、ロールケーキなどの焼き面の表側や、バームクーヘンのお菓子の外側のコーティング部分には、多くの包装資材が使われております。しかし、せっかくのカステラの焼き面が上のせ紙に付着してしまい、剥がれてしまう、紙全体にお菓子の油脂分が、紙にしみ出てしまうといったことでお困りになられたことはございませんか。

そこでお客様の声にお応えすべく、不思議な紙を今回は紹介させて頂きます。弊社既製品、和風かすてらシリーズ、上のせシートです。材質はもちろん、この紙は、剥がした時に焼き表面を保護し、お菓子が付着せずきれいなお菓子をご提供できるといった抜群の耐水・耐油・剥離性で「しみ」を抑えた、清潔感をアピールできる特性がございます。また、ヒートシール可能で、のせ紙から包装、巻き紙など幅広い用途にご使用頂けます。

紙厚の仕様については薄口・レギュラー・厚口タイプの3種類から選択できます。薄口タイプは商品が確認できる名入れ、刷り込みカステラなどに多くご使用されており、カステラの角を保護し高級感を出すといった厚口タイプのみの折り加工と、紙がしみにくいので、インキのノリが良くなく鮮明な表現は困難ではありますが、レギュラー、厚口タイプに限り、印刷も対応できる仕様となっております。生産は原紙1000mから可能ですが、2000mからの経済ロットとなります。取り都合を考慮し、ご希望のサイズに断裁、加工をさせて頂きます。

その他バリエーションとして、バーガー袋、ポリエチレンを貼り合わせた自動包装機用があります。耐水性のある、紙コップ用の板紙と貼り合わせたピロー包装時の台紙などのお菓子箱や、あらゆる紙器形状タイプで活躍できると思います。またカステラを焼く時の底紙として、焼き上げた際に紙の白さが残り清潔な印象を与え、消費者に対し誤食防止に努めるといった特殊紙もございますので、カステラ以外の和・洋菓子にも、焼き紙としてご使用頂けると思います。

お菓子の表面が剥がれてしまう、水分が多く包装資材にしみが発生しやすいなどでお困りでございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。特に油脂分が多いお菓子につきましては、一度テストして頂くと宜しいかと思います。サンプルもご用意しておりますので、是非お試し頂けると幸いです。
お客様のご要望に添った最良のアイテムのご提案とご協力をさせて頂き、今後とも、商品に対する新しい包装資材の発信の強化と、より改善へ導くサポートをさせて頂きたいと思います。

■生産管理部    飯塚 誠

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.