株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making

097

049

048

047

046

045

044

043

042

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

食品に対する安全・清潔志向が高まる昨今、衛生面を気にかけている方は大変多いと思います。以前紹介しました抗菌フィルムも、その高まりの中で開発されたもので、今後ますます普及することと思います。

このような状況のなか、直接食品に触れる可能性のある紙器にも、同様の機能性を持たせた紙が開発されました。抗菌機能だけではなく、撥水性と耐油性をも兼ね備えています。これにより用途が限定されず多様化するパッケージに対応可能となります。惣菜パンや刺身等の油や水分が箱にしみ込まず、さらに抗菌加工済みなので、食中毒の原因菌に対して殺菌効果をもっています。カビに対しても防カビ加工が施してあり、効果が期待できます。

和菓子の朝生などのパッケージ(サービス箱)にも転用でき、お客様の持ち帰る時間が多少長くなっても、安心できる範囲で使用可能と思われます。耐水紙などの特殊紙は、紙を作るときに耐水剤を入れ仕上げます。よって、使用紙が限定され、選ぶ範囲が狭くなり、使用を控える傾向が見られましたが、この紙は使用紙を選びません。なぜなら、後加工で抗菌処理を行うためです。お客様の選んだ紙に抗菌処理を行い、お好きな形でお手元までお届けが可能となります。現在テイクアウト食品や海産物などで多く利用されています。

このような機能をもった紙で、お客様に安全をお届けできれば、お喜びいただける事は間違いありません。そんなお手伝いをご一緒できれば大変喜ばしいことです。弊社までお問い合わせを頂ければ、すぐ対応をさせて頂きます。

■text by  生産管理部 石岡 昭

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.