株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making

096

049

048

047

046

045

044

043

042

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

パッケージなどの印刷物の最も一般的な技術方式・オフセット印刷をベースにしたカラー印刷の、原理・色材の三原色には、シアン(Cyan・藍色)、マゼンタ(Magenta・紅色)、イエロー(Yellow・黄色)の3色があります。そして、内2つの色を混合すると別の色ができ、3色を等分量混合すると、ブラック(Black・黒色)になり、この表現方法を「減法混合」といいます。理論上ではCMYの3色があれば、掛け合わせによりさまざまな色をつくることが可能です。このプロセスを「色分解」といいます。しかし実際にカラー原稿を色分解して三原色で印刷を行うと、黒の部分が暗灰色となり、美しい黒やグレーの再現性がよくないため、そこで色を引き締めるために、色材の三原色にBK(黒)を加えて補っております。このCMYKの4色を「プロセスカラー」と呼び、深みのあるきれいな印刷が可能となります。

オフセット印刷では、このCMYK各色を「網点」という小さな点の集まりを置き換えて、色の濃い部分は網点を大きくし、色の淡い部分は網点を小さくして色の濃さを調整しています。例えば濃い色から淡い色にするには、色のついた網点を小さくしていけば、白地の面積が増え肉眼では淡い色に見えます。この白地との比率を%で表し、カラー原稿を4色の網点に置き換えるこの作業を「4色分解」といいます。

その他カラー印刷は4色(CMYK)だけでなく、HiFiカラー印刷(多色印刷)として、RGBカラーの赤色(Red)、緑色(Green)、青色(Blue Violette)を加えたCMYKRGBという7色分解といった表現できる、色領域をより鮮やかに拡大した印刷技術もあります。また諸説としまして「C」「M」「Y」とは頭文字からであり、黒は「B」ではなく「K」で表し、RGBの青「B」と間違えてしまうため、Bは使わずにBlackの末尾のK、又はKeycolorの頭文字からといわれております。

ただこういった色分解、カラー原稿に印刷で使用できる色はCMYKだけでは表現しきれないものがあります。一部の中間色として、鮮やかなオレンジ、明るいグリーン、深みのあるブルーや繊細なトーンの写真原稿など、濁って見える、深みが感じられない場合があり、蛍光色・メタルカラーなどはCMYKの掛け合わせではつくることができません。これらを印刷で表現するときは、各インキメーカーが独自に調合した「特色インキ」と呼ばれる、CMYK以外の色のインキを使用することで解決できる場合があり、そのほかにCMYKのうち1色を特色に置き換えるといった応用も可能であります。

弊社では企画から理想であるパッケージ全体の構図をレイアウトし、印刷物の目的として「どのような技術を使ってつくりあげるか」「そのためにはどんな印刷をして、どういった加工をすればよいか」という知識と発想をご提案できればと思います。是非ともお気軽にご相談くださいませ。

■text by  生産管理部 飯塚 誠

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.