株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

084

049

048

047

046

045

044

043

042

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

お菓子の容器の中には、円筒形や異型のハート、栗やみかん、まゆ≒落花生の形などアイキャッチされやすい、変化に富んだインパクトのある函を見かけられると思いますが、これは我々の間では「紙管(かみかん=しかん)」というものです。

紙管の始まりは、一般的に、紡績メーカーの糸巻き用(円錐)、繊維メーカー、後にフィルムメーカー用(円筒)として開発された歴史(1910年=明治43年ごろ)が、古い話として知られておりますが、どうも、もう少し古い話というより、むしろ元祖的な話として、1893年(明治26年)京都、呉服反物の巻き芯として、それまでの木の棒から紙管に切り替え始めたことのほうが、古い話として残っております。

その後、身近なトイレットペーパーの芯、鮮度保持フィルム用の芯、クラフトテープ、セロテープの芯、証書入れ等いたるところで目にしますが、冒頭に話しましたお菓子の容器としては、化粧品の函からの廉価品として変化してきたようです。しかし、いまや逆転して化粧品の箱としてよりもお菓子の箱としての需要が倍以上も流通しております。

ここで紙管、主に化粧函の製造方法を簡単に話します。大きく2種類の紙管(円筒)の作り方があり、一つは「スパイラル形式」、二つめに「平巻形式」があります。いずれもマンドレル(鉄芯≒鉄棒)に幅を適正にスリットしたクラフト原紙を圧縮しながら巻きつけ、適正の寸法(ピッチ)でカットし用途により後工程で表面に化粧紙を貼り付けます。仕上げに、底と天面にメンコ(円形板紙)を押し込んで仕上げます。※意匠効果UPの為の箔押しや印刷等は、化粧紙に事前加工しておきます。

特殊紙管の一つとして弊社には「アップスティック」があります。特徴は羊羹を直接充填できる構造と、食べ方提案として、底から指で押し上げた羊羹を、糸で好みの一口サイズで切りながら食べられる、とても楽しい機能付なのです。

さて、まだまだ需要は少ないので一般的には見る機会がありませんが、食品、薬品用途には低発塵性紙管も開発されており、超衛生条件をクリアーする為、クリーンルーム内作業に対応できる紙管も開発されております。

季節物、イベント物用容器として、アイキャッチ効果抜群の紙管(化粧函)に、豊富なアイデアを加えてお応えさせていただきますので、ご用命はどうぞ株式会社アンゼン・パックスまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

■text by  マーケティング部 舘野恵幸

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.