株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

071

049

048

047

046

045

044

043

042

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

身近にある、さまざまな特徴を持つ紙のうち、私たちが最も多く使用する紙のひとつに、「塗工紙」があります。これは紙の表面に塗料を塗布し、美感や平滑さ白色度などを高め、印刷インキの吸収性を改善したものです。

また塗布量によって、塗工紙は、「アート紙」「コート紙」「軽量コート紙」「微塗工紙」に区分されています。

「アート紙」は、高級なカタログ、カレンダー、ポスターや写真印刷などの、高度な写真再現性の仕上がりが求められる印刷物に適しております。

「コート紙」は、塗工紙の主流を占めており、本の表紙、カラーページ、パンフレットやチラシなどにも使われておりますが、大量に使用する場合には、塗料の塗布量が低い「軽量コート紙」や、塗工紙を塗工する装置よりも簡便な装置で塗工された、塗布量がさらに少ない「微塗工紙」があり、原紙も再生紙が多く使用されているようです。

そして、「アート紙」や「コート紙」の表面に圧力をかけ、鏡面仕上げをし、光沢の強い印刷効果がより高くなるように仕上げた、「キャストコート紙」と呼ばれる塗工紙の一種もあり、包装紙やカレンダー、本の表紙などにも数多く使われております。

更に塗工紙は、グロス系とマット系に分類されることもあります。グロス系は、カラー印刷などに適した光沢のある塗工紙で、マット系は、光沢を抑えた印刷に適した塗工紙です。

塗工紙は、包装紙やパッケージは勿論、多種多様に活用されています。このような特殊な性質を持つ紙は、用途を適切に分けることによって、仕上がり時に劇的な変化を遂げることでしょう。

私たちの日常生活に存在する多くの印刷物には、たくさんの印刷技術が隠されています。紙に込められたメッセージを活かし、「包み込むオリジナルパッケージづくり」を、弊社と共に施してみてはいかがでしょうか。

 

■ text by  生産商品管理部  飯塚 誠

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.