株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

069

049

048

047

046

045

044

043

042

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

ダンボールと言えば皆様は引っ越しの時に書類や衣類などを入れたり、物や荷物を送る時に使用するということを思い浮かべるかと思います。もともとは19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハットの内側の汗を吸い取るために開発されたのちに、アメリカにおいてガラス製品の包装に使用されたのが始まりであるようです。現在のように流通にて使用されるようになったのは高度成長期に木箱に代わって使用されてから全国に拡大されたと言われています。

構成としては、ライナと呼ばれるフラット(コートボール)な原紙と、波状に段成形された中しんを接合されて作られています。構造体として特徴づけているのは波のように成形された段による結束でありこの段のことをフルートと呼んでいます。種類としては片面ダンボール、両面ダンボール、複両面ダンボールなどがあり、段の高さを記号で高い順にABCと呼んでいます。段の高さが薄くなるにつれE、F、Gと呼び名も変化してきます。

いままでの主流はAフルート、Bフルート、Cフルートで宅急便、引っ越し等の運送業、硬い内容品の包装に適しているため普及してきました。それに対し薄いフルートを使ったEフルート、Fフルート、Gフルートなどはマイクロフルートと呼ばれ、近年パッケージの薄物化がすすんで誕生した比較的新しいフルートです。

一般的に出回っているAフルートなどのダンボールに比べるとマイクロフルートは、一見するとボール紙と見間違えるような薄いもので、厚みのあるAフルートと比べると印刷のノリがとてもよいことが特徴です。従来のダンボールが輸送用として使用されてきたのに対し、個装用を対象として開発されたものとして、素材感を使ったおしゃれな感覚を持った使われ方をするところも増えてきたように感じます。食品などのギフト商品やお菓子屋さんの店頭にもこのようなマイクロフルートをきれいに印刷した個箱でおしゃれに売っているところもよく見かけるようになってきました。

このような材質を使ってのパッケージ化は如何でしょうか。

 

■ text by  マーケティング部 長谷川 義範

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.