株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

067

049

048

047

046

045

044

043

042

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

紙に印刷を施すための代表的なものにオフセット印刷があります。特色で、または4色分解で印刷をし、紙器の場合は板紙をベースに型抜きし製品化していきます。(通常この方法で仕上げるものがほとんどです)

印刷になにか特色が出せないか・・・・・そんな時に特殊印刷があります。紙に光沢感がほしい。こんな時はUVクリア印刷(紫外線で硬化するUV印刷です)で透明なインクを刷ることによって、ニスのような光沢感のある艶出し効果を演出します。

紙にエンボスを施したような疑似エンボス印刷。これはUVニスコートを使用し、光沢部分とエンボス部分を同時に表現できる特殊加工です。特殊印刷の代名詞のようなシルク印刷での表現よりも低コスト、短納期で印刷でき、環境にも配慮しています。

絵(写真)に立体感を持たせたい。こんな時はUV厚盛印刷です。透明なインクを盛り上げる事によって、UVクリア印刷よりも立体感を強調できます。

他にも畜光印刷、感温印刷などいろいろありますが、利用出来そうな加工方法を紹介しました。

印刷だけでもこれだけあり、他の加工方法を組み合わせることにより化粧箱ひとつ生みだすのに選択肢も広がる事と思います。

こんなデザインやアイデアを形にしたい時はどうしよう、これを作りたいけどどうしたらいい、
などどんどんお問い合わせを頂ければ良いご提案ができると思いますし、一緒にアイデアのディスカッションが出来ればと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

■ text by  マーケティング部   石岡 昭

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.