株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

041

040

039

037

036

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

紙製品が包装に広く使われ、適している理由は、様々な加工(印刷、貼り合せ加工など)が施せる事や金属のアルミなどと比較しても非常に軽く安全で、リサイクルできる(再生原紙)等が大きな要因ではないかと思います。

かつて街中で売っていた「焼きいも」が古新聞紙に包まれた時代がありました。手は汚れず、運びやすく、しばらくは暖かい、しかもむいた皮はそれに包んで捨てられるというように、紙が非常に上手に使われていた代表格では無かったでしょうか。

現在は、紙をプラスチックやアルミ箔とラミネートし、飲料水など液体用の容器としても使われ、長期保存も可能となり、進化しました。段ボール箱に詰めて運ばれ、包装の機械化等と相まって、商品は傷まず取り扱いは良くなり私たちの暮らしをますます便利にしています。

また菓子用のパッケージでは、中身の商品を、プラスチックフィルム、アルミ箔、紙製品等の複合資材で包んでいるため、見るからに清潔にパッキングされて食欲を誘い、外包装は美麗に様々な印刷を施してあるので購買欲をそそります。

やはり美しく安全に包装された方が中味の商品に貢献ができるのでしょうが、往時の「焼きいも」時代の資源の有効利用を、常に考える姿勢も大事だと思います。社会環境によって、包装の基準も変わるものだけに、加工適性に優れた種々の紙を知って上手に使いこなせれば、また違った新たな発見に出会えるかも知れないと思います。


 

■text by  商品管理センター  飯塚 誠

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.