株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

035

034

033

032

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

ラッピングのイメージをあえて、和と洋などで分けるのはナンセンスと思いますが、ラッピング=洋、包む=和といった言葉の印象のイメージは多くの人が抱くのではないでしょうか。ヨーロッパでにしろ、日本でにしろ、それぞれの生活に根ざした『包む』歴史があり、贈りものの内容はもちろん、装い方(ラッピング)も変化してきています。

特に世界の中でラッピングに関しても独自のスタイルも持ちつつ、これ程目覚ましく許容して、取り込んでしまうのは我が国、日本だけではないのでしょうか。洋の東西問わず、いつの時代でも贈りものをする時に、相手を思いやる心は、世界共通であり、どこの国でも変わりません。

また洋については、約四十年程前に初めてヨーロッパから輸入されたリボンは、様々な華やいだ色の数々(カラフル)に、日本人は何と新鮮に映った事、驚いた事でしょう。そうした日本のリボンにも『洋』を受け入れ、リボンの掛けられたケーキの箱などに我々はどんなに心が弾まされた事でしょうか。

和については、洋のボリューム感があるラッピングの美しさ、鮮やかさとすれば、和の美しさは線にあり、色づかいも力強いものがあります。更に伝統的な折形や水引き、風呂敷といった様々な素晴らしい素材など、私達日本人はもっと大事にし、和・洋などにはこだわらず、様々なラッピングパターンで思いをめぐらせ、楽しみさを感じ、贈る人も贈られる人にも互いに心が通じ合えば、こんなに嬉しい事はありません。

人それぞれ、独自のセンスで使いこなせれば良いと思います。

 

■text by  商品管理センター 飯塚 誠

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.