株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

031

030

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

“On Demand“ = 「必要に応じて」

その名の通り、要求があったときに少部数でも素早く印刷できるのが「オンデマンド印刷」です。

オンデマンド印刷とは、言うなれば、通常のパソコン用レーザープリンタの巨大・高性能版のもので「プリントアウト」する方法です。プリントアウトですので、パソコンで読み取れるデジタルデータの形で依頼することが絶対条件になりますが、それさえ準備すれば、きれいな印刷物が必要な数だけ高速で仕上ります。

通常の印刷方法ですと、版を作って印刷機にセットし刷り出しの調整をして、というプロセスを経て印刷し始めますが、この費用や時間は5万部刷ろうが100部50部だろうが同じだけかかります。あまりに少ロットでは引き合わないわけです。
そういった、通常の印刷方法で対応しきれない、印刷会社の採算ベースに乗らない少量のものに、オンデマンド印刷が効果を発揮します。版がいらない=版代がかからない、紙のロットも気にしなくていい、量や加工にもよりますが、早ければその日に製作物を受け取ることも可能です。

使用する紙の種類や厚さもある程度選べますし、ニーズに応じて断裁・折り・穴あけ・ラミネート(パウチや表面PP貼など)等の各種加工もでき、依頼すれば写真画像の補正(お皿に散ったソースを消す、暗い写真を明るくする、もう少し緑っぽくor白っぽく等々)を受けてくれるところもあります。
例えば店頭POPやプライスカード、季節商品を紹介するミニパンフやDM、飲食スペースを併設されている店舗なら月代わりのメニューなどなど、枚数はそんなにいらないけれどもデジカメ写真をPCでプリントアウトしただけでは素人っぽい…、オンデマンド印刷はそんなときの心強い選択肢なのです。

ただし、注意すべき点もあります。
オンデマンドの条件である「デジタルデータ入稿」にはある程度の制約があり、原稿を作ったソフトウェアによってはフォントや色がうまく出なかったり、レイアウトがくずれたりすることがありますので、入稿前に確認したほうがよいでしょう。
また、通常の印刷方法なら特色を指定するなどして微妙な色合いを表現できますが、オンデマンドはインクでなく4色のトナーで表現するため、色の再現性に限界があります。
加えて、総額でなく一枚あたりの単価だけを見ると通常印刷より高いことが多いので、刷る部数が増えていくと、どこかで必ず通常印刷とコスト面の優位が逆転します。微妙な数の製作物をお考えの場合は、両方で見積を取って比べてみることをお勧めします。

 

■text by  マーケティング部 菊池和美

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.