株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

029

028

027

026

025

024

023

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

 食品を包装するものと言えば、プラスティックフィルムが断然多く使用されているのが現状です。素材としては、高密度ポリエチレン(HDPE)低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリスチレン(PS)などが有ります。これらを入れる菓子の特性に合わせて、単体で使用したり貼り合せをして使用します。
 LDPEフィルムはヒートシール性に優れていて、柔軟性、防湿性、などに優れ、菓子、パン類などに使用されています。(さらに強度のあるLLDPEと言う素材もあります)HDPEフィルムはスーパーなどで規格袋としての使用率が高いようです。PPフィルムにはCPP、OPPという2種類があります。これは製造過程の違いで分けられます。強度、耐熱性、防湿性、耐薬品性など多くの優れた特性を持っています。CPPは食パン、菓子パンに使われています。OPPは耐疲労性、耐衝撃性などに優れているがヒートシール性が良くない為単体で使用する場合は、ヒートシール性を高める加工をしています。PETもPP同様に色々な面に優れ印刷特性もよく、多方面に使用されています。
 そんな、それぞれの特性を持つフィルムを、用途に合わせ張り合わせたものを複合フィルムと言います。貼り合せはドライラミネーションと呼ばれる方法で行ないます。これはA素材に接着剤を塗布しそれを乾燥炉中で蒸発、乾燥させ張り合わせるB素材をゴムロールと加熱した金属ロールとで圧着し巻き取ります。この方法で2層、3層と必要な層を形成させます。この方法は殆どの素材が選択でき、必要とする特性を幾重にも重ね、適合するフィルムを得ることが出来ます。ただ、接着剤を多用する為、臭気による問題が発生する可能性があります。これは、ラミネーション過程で接着剤の硬化反応に、温度が重要な影響を及ぼす為、適温に保つエージング期間(二日間位)があるので、ある程度解消できます。この様にそれぞれ特性のあるフィルムが仕上がっていきます。
 一口に包材と言っても、用途により特性の合う素材選びから始まりデザイン、仕上げる方法(ロール巻、製袋等)などを相談し、よりよい製品をご提供出来ればと思っております。

 

■text by  仕入管理室  石岡 昭

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.