株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

022

021

020

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

印刷物の後加工をする理由としては、印刷物を美しくおしゃれに見せるためだったり、耐水性や耐摩擦性を高め、より強度を高めたりするためだったりします。
最も多く使われている加工に表面加工というものがあります。これは印刷物に光沢をつけたり、強度を増したりする効果があります。 表面加工といってもいろいろな方法があります。どんな方法があるのかというと、ニス引き、プレスコート、フィルム貼りや、特殊効果のある箔押し、エンボスなどがあります。 ニス引きとは、印刷面に透明な溶剤を塗り、ツヤを与えるだけでなく、色落ちも防止します。 印刷と同時に出来るので納期もかかりません。弊社でもよく使う加工のひとつです。また、マットニスといって、ツヤ消し効果のあるものもあります。 プレスコートとは、印刷面に溶剤を塗ったあと、強い圧力をかけ光沢を出し、より十分に印刷面を保護します。
今現在最も多く使われているのではないでしょうか。 フィルム貼りとは、名前でも分かるとおりフィルムと紙を張り合わせる加工で、強い光沢がだせます。 最近では、環境問題を考えてポリプロピレンフイルムというものを使います。また、マットフィルム貼りといって、ツヤ消し効果のあるものもあります。 箔押しとは、凸版状の版を使い文字や絵柄などに圧力を加えて、印刷では不可能な凹凸に、金箔や色箔による強い光沢が得られます。 会社名やロゴマークなどに多く使われています。 エンボスとは、印刷面に絵柄や模様などを凹凸に加工することです。全体をザラザラにしたりすることが出来ます。 肌触りがよく、なんとなく高級感が出て来るのではないでしょうか。 このように印刷物の後加工だけをとってもいろいろな種類があります。
この他にも細かく分ければさまざまな加工の種類があると聞いています。 それらは、皆さんも 普段の生活の中でも気が付かないうちに目にしていると思います。 たとえば、紙製品ではないのですが、車のナンバープレートやクレジットカードなどにもエンボス加工が使われています。 個人的に町を歩いていても、ついそういう所に目がいってしまいキョロキョロしながら歩いてしまいます。 しかし、一般の生活者の方と違うものを見ながら歩いているのだと思うと、それはそれで、面白い事だと思っています。

 

■text by  商品管理センター 相原和幸

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.