株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品

News of package Making

019

018

017

016

015

014

013

012

011

010

009

008

007

 
 
 
菓子用既製パッケージの
オンラインストア
STYLE Packaging(スタイルパッケージング)
 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 


 

熨斗(のし)紙は大きく分けて2種類(祝事・仏事)なのは知っていると思います。
主に、冠婚葬祭で使用する事が多いと思いますが、用途によって熨斗が印刷されていたり、水引の色や結び方が違ったりしている事は知っていますか?? (私は知りませんでした。)
実際、私達は百貨店等で商品を購入したら、その場で「結婚祝いで送りたいのですが・・・」等伝えると、お店側で熨斗紙に名前を記入して貼ってくれるので、あまり意識していないと思います。 上記で用途によって種類があると書きましたが、簡単に紹介します。


祝水引(赤金水引)・・・婚礼以外の一般的なお祝い・お祝い返し等で使用
婚礼水引(赤銀水引)・・・婚礼のお祝い・お祝い返しで使用したり、金婚・銀婚式・長寿のお祝いにも使用
佛水引(藍銀水引)・・・仏教の通夜・葬儀告別式・法要時・香典返し等に蓮の絵が入った物を、各宗教共通には蓮の絵が入って無い物を使用
黄水引(赤金水引)・・・関西の都市部に限り各宗教共通に通夜・葬儀告式・法要時・香典返し等に使用。今は関西以外でも使用する地域が増えているそうです。
見舞水引(赤金水引)・・・傷病の御見舞い・災害時の御見舞い等に使用、全快退院時の御見舞い返しには熨斗が印刷されている物を使用
赤棒・・・記念品・商品・景品・粗品等に使用


熨斗紙を現在のように、一枚の紙に熨斗や水引を印刷したのは、印刷技術が発達した大正時代頃からだそうです。それ以前は、反物包み(鎌倉〜室町時代の頃に宮中の儀式における礼法に起源があり、金品の包み方の一つ)と言って、白い和紙で掛け包み、水引を結びきりしていました。
このように、熨斗紙は紙切れ一枚ですが、その一枚に込められた意味は奥が深いと思います。今後頂いたり、贈ったりする時には、意味を考えてみたいと思います。

 

■text by  マーケティング部 中川 房子

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.