株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 
 


 



菓子包装フィルム(羊羹用)として以前にご紹介しました 機能付(横裂き性)OPPフィルムは、遮光性抜群のアルミ箔に、 押出しウエットやドライでラミネートして使用することにより、二軸延伸フィルムの特徴である、横へ易カットする優れた機能をあたえることができ、菓子袋開封に大きく貢献すると説明させていただきました。

本日は新製品のご案内ですが、その原反のフィルムメーカーの製品紹介ページにとても興味深い製品が紹介されておりましたので、改めて菓子包装用途としてここに書き加えさせていただきます。

それは、 “単体”機能付(横裂き性)OPPフィルム です。

特殊MFグレード(#30μ)があり、なんと両面ヒートシールタイプのフィルムなのです。単体フィルムで、ヒートシール性が両面と成れば、用途は広がりますね。紹介用途にも「角折包装(まんじゅう)」と表記されており、生産性のある高速包装機に対応でき、更に、片面(内面)を特殊処理して、専用インキで印刷も可能だそうです。
つまり、底コストで、菓子包装(まんじゅう、焼菓子)が可能に成るという代物のようです。

私どもでは、このような新たに開発された機能フィルムを研究し、用途開発、テストを重ね、次回には、菓子包装の実績をご紹介できますよう努力して行きます。

■役員室付 舘野 恵幸

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.