株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 
 


 

一般的に紙器と呼ばれる板紙で作るパッケージは、「トムソン抜き」と言われる木枠に抜き刃を取り付けた木型を使って紙を打ち抜くことで作られます。例えるならば、星型のクッキーを作る工程と似ているかもしれません。まず星型がいくつか連なった金型を用意して、それをクッキー生地の真上から押し込む。すると、生地が星型に切り抜かれ、余分なところを取り除くと、金型に連なっていたのと同じ数だけの綺麗な星型の生地が残る。クッキー生地を板紙に、星型を展開図に、金型を木型に置き換えれば、紙器における「抜き加工」も同じ原理です。

ほとんどの紙器の形状はこの「トムソン抜き」、もしくは一面型で使われることの多い「ビク抜き」、のいずれかで作られていると言えます。言い換えると、設計図、すなわち展開図さえあれば、一般に目にする大抵の紙器がこの抜き加工で形状再現できるということになります。ただ、そうは言っても、弱点というか、短所もあります。それは、木型を作るにあたって、抜き刃が図面の辺ごとに木枠に固定される構造上、どうしても形状に一定の制限がかかってしまい、例えば刃と刃の間には必ず3mm以上の隙間を開ける等、図面上で暗黙のルールが存在しているということです。また、トムソン抜きは、星型クッキー作りと同様、真上から垂直に刃が降りてきて紙を抜いていきます。そのため、極端に複雑な形状だと刃が入ったとしても、今度はその紙を形状通りに打ち落とせなくなってしまい、機械製造上、大変不都合なことになります。従って、箱の設計に用いられるような直線・曲線などの単純なものは問題ないのですが、あまりに細かい輪郭(曲線・波線の連続)や、鋭角などを抜き加工で表現したいとなると、物理的に木型で再現できず、図面調整が必要となってくるのが常です。調整された図面は、全体的にもとの図案が簡素化され、丸いフォルムになってしまい、お客様のご意向に沿えないということも少なからず起こり得ます。

そうした時にご紹介したいのが、「ロータリーカッター」と呼ばれる、回転式の抜き加工技術です。円形の芯に巻きつける形で抜き刃をセットし、それが回転することで、紙に曲面的に刃が当たっていく構造になっており、これであれば上記に挙げたような、刃が入ったあとの形状部分が取り外せない、という現象を防ぐことができます。これによりトムソン抜きよりも格段に細かい輪郭を表現することが可能となり、鋭角・波線なども綺麗に抜くことが出来ます。

実際のところは、箱やスリーブといった紙器はほぼ直線構成で複雑な図面ではないため、大型で量産に適したトムソン抜きの機械が選択されてロータリーカッターの出番が無いという部分もあります。しかし、なにかユニークなパッケージを考えたい、もしくは、パッケージ自身は汎用性があるものにしつつ、特別な形状のタグやメッセージカードでオリジナリティを追求したいといった時に、この「ロータリーカッター」の存在も思い出していただければと思います。流石にレーザーカッターほどまで全てが抜けるとはいきませんが、少なくともトムソン抜きと比較すると、その出来ることの範囲の広さに驚いていただけるはずです。

「この図案は細かすぎてレーザーカッターでしか抜けないと言われてしまった」「図面調整をして、トムソン抜きに適するようにしてもらったら、シルエットが何だか分からなくなってしまった」「キャラクターの輪郭で窓抜きしたい」。こうしたお悩みがありましたら、一度ぜひ弊社にお声掛けください。パッケージの差異化は、ついつい印刷や箔押しといった表面加工技術に求められがちですが、実は、抜き加工も立派な技術であり、まだまだ表現の幅を広げてくれる重要な工程なのです。

今更の「抜き加工」ですが、されど差別化の求められる今だからこその「抜き加工」です。皆様と一緒に紙器の世界の更なる可能性を探せることを楽しみにしております!

■マーケティング部 主査 竹野 由航

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.