株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 
 


 

識別表示マークとは、消費者がゴミを分別する際に簡単に材質を認識できるようにしたものです。紙のリサイクルマーク、プラマークなどは家庭ごみを出す時に参考にしている方も多いと思います。ここではパッケージを製造する上で義務付けられている識別表示について、パッケージ製造時にルールについてご説明します。

識別表示マークは、「資源有効利用促進法」・「容器包装リサイクル法」にて表示が義務付けられおります。また、施行令や省令などによって規定があるので理解が必要です。例えば、「プラ」や「紙」について、容易に識別できること。サイズは通常印刷の場合6mm以上。特殊加工(エンボス・刻印)の場合、8mm以上。表示スペースや容器包装の大きさに合わせて表示する場合、マークの縦横比を変えてはならない。など義務付けられています。

原則として定められたマークを使用するのですが、同一性が損なわれなず、はっきりと認識できる範囲であれば多少の変更や装飾は可能です。(例えばリサイクルマークにちょっとデザイン要素を入れることは可能です。)リサイクルマークの色や線幅、スリット・フォント・周辺の枠や装飾は、鮮明ですぐに識別ができる範囲であれば可能です。ポイントはすぐに識別ができることです。字体は自由ですが、鮮明で読みやすさは求められます。サイズは6ポイント以上が必要になります。
 
「リサイクルマーク表示が不要なケース」
・無地の場合(印刷・刻印・シール・ラベルがないもの)
ただし、単一色の全面ベタ印刷の場合は、無地とみなされます。
 
・スペース的に表示が不可能な場合
リサイクルマークを表示するスペースがない場合は、不要となります。
 
※ただし、多重容器包装の場合は、原則それぞれに表記する必要がありますが、ほぼ同時に廃棄される場合、容器包装に一括して表示することができます。その場合、外箱、内袋、外装フィルムなど役割名を併記する必要があります。

紙やプラスチックの分離ができないものなどの表記は重量比が大きいものを表示します。リサイクル表示義務違反があった場合、勧告・公表・命令・罰則が適用されますので、注意が必要です。



■マーケティング部 藤本

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.