株式会社 アンゼン・パックス HOME
HOME > パッケージ事業 > News of Package Making
パッケージ 菓子用既製品
 
パッケージ事業
パッケージ別注品
パッケージ既製品
菓子用既製パッケージの
オンラインストア STYLE Packaging(スタイルパッケージング)

News of package Making







 
 

日々、クライアントのパッケージ製作に携わっている営業担当者。
その仕事を通じてプロならではの視点で見た現状、課題などをコラムにしました。
製造現場からのホットな情報としてお読みいただければと思います。

 
 
 


 

「吸湿フィルムとは?」

袋内の湿気をフィルムが吸収し、内容物を守る機能性フィルムである。
包装ラミネートフィルムに吸湿剤を配合し吸湿層を付与したもので、包装内の水分を吸収し、内容物の湿気や水分による品質劣化を抑制する効果を有するものである。
※弊社で2メーカーの取扱いがございます。

■導入メリット
・乾燥剤使用でお客様から誤飲・誤使用のクレームを無くしたい。
・調湿機能希望。
・包装ライン上で乾燥材充填できない方。

■今後の課題
吸湿フィルム仕様での包装資材のコストは、従来の乾燥剤を封入する包装の資材コストと比較した場合、ややコストアップとなる。



「酸素吸収フィルムとは?」

袋内の酸素を吸収し内容物の酸化防止などの機能性フィルムである。包装ラミネートフィルムに酸素吸収材を配合し、袋内の酸素を吸収し、酸化による変色、油脂の酸化、虫対策にも効果を発揮いたします。
つまり、脱酸素剤小袋の使用をせずに酸素をフィルム内で吸収することが可能です。
※弊社で3メーカーの取扱いがございます。

■導入メリット
・脱酸素材小袋使用でお客様から誤飲・誤使用のクレームを無くしたい。
・包装ライン上で脱酸素剤小袋など充填できない方。
・金属探知機に対応できるものもある。

■今後の課題
酸素吸収フィルムは、脱酸素剤小袋を使用するよりもまだまだコストアップとなります。
また、フィルムに求める用途・機能・意匠性により求めるフィルムを選択しなくてはなりません。透明なフィルムもあれば、アルミなどのフィルムもあります。




■まとめ

吸湿フィルムや酸素吸収フィルムは取り扱い方法や保存方法、中に入れるお菓子の水分活性値など求める条件によりコーディネートが必要です。弊社は機能性も踏まえてデザインからご提案できる強みもございます。他社にはないトータルでのご提案が可能ですのでお気軽にお問合せ、ご相談から申しつけ下さいませ。

 

 

■マーケティング部 藤本

▲PAGE TOP
 
Copyright (C) AnzenPax all rights reserved.